寒すぎて体が動きません。


by hirajun-51
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

浮世絵ロマン!

 昨年末、読売新聞を読んでいたら、購読者に2006年の1月~12月まで毎月2枚ずつ葛飾北斎と歌川広重の浮世絵を無料配布するという記事を発見しました。

以前にこのブログで書いた事がありますが、私は浮世絵に興味を持っており、その中でも特に「冨嶽三十六景」が大好きです。

さっそく最寄の販売店に電話して申し込み、そして今回第一弾として下の画像上部の「冨嶽三十六景 凱風快晴(葛飾北斎)」と下部の「東海道五十三次之内 日本橋(歌川広重)」が配布されました。
d0040708_2319669.jpg
d0040708_23192719.jpg
まったく微動だにせず、壮大に描かれている北斎作・凱風快晴は富士山好きな私にとって、とても感動させられる作品です。(ちなみに富士山が好きというのは、あくまでも眺めたり、写真を撮ったりするのが好きという事であり、私は虚弱体質なので今まで富士山に登った事は当然の事ながらありません)

広重作・日本橋は、東海道の始まりである江戸・日本橋から、旅に出発する人々の風景を描いたものであります。

細かく見ると、人々は魚や野菜を運んでいるのが分かります。(この画像からでは細かく見てもまったく分かりませんが…)

また横にいる子犬が作品全体を温かくしているような感じがします。(この犬も画像からではよく分からないかもしれませんが、確かにいるのです)

日本橋も今となっては見事なまでに首都高の下に隠れてしまい、もはや江戸情緒なんて完全にナッシングと言ってもいい状態となっています。

あの首都高も、もう少し考えて作ってもらいたかったですね。

まあ、そんな事を言っておきながら、私は思いっきりその首都高を利用しているのですが…orz

来月は北斎の「冨嶽三十六景の神奈川沖浪裏」と広重の「名所江戸百景 亀戸梅屋敷」が来ます。

今からとても楽しみです。

いや~、浮世絵の世界って本当に素晴らしいですね。(水野晴郎風…もう何度もこのネタを使っているような気が…)
[PR]
by hirajun-51 | 2006-02-04 23:48 | 部屋の中の大物・小物