寒すぎて体が動きません。


by hirajun-51
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

西武、石井一の入団を発表 2年総額8億円で契約

私的にはなんとなく、石井一は最後の最後でヤクルト残留とか言い出すんじゃないかと思っていたので、今回正式に西武入団が決まった事は、とても嬉しいです。

けど、いくらなんでもちょっと年俸が高すぎだと思うんですが・・・

これだけの年俸をもらうのですから来シーズンの石井一には15勝以上はしてもらいたいです。

そして絶対に「ジョン損状態」にだけはなってもらいたくないです(ジョン損の例えは西武ファンなら理解出来るはず!)。

まあ、石井一ならきっと期待に答えてくれるでしょう!(多分・・・)

さて、その一方で27日のスポニチの紙面に次のような記事が載ってました。

西武 外国人は計5選手“解雇”

解雇されたのは、カブレラ、リーファー、ジョンソン、ギッセル、許の5人。

嗚呼・・・私の大好きなリーファーがクビを切られちゃいました・・・orz

確かにリーファーは来日して以来、出場機会に恵まれなかった事もあり、たいした成績を残してはいないですが、ずっと1軍で使い続ければ打率280、ホームラン20本ぐらいは打てると思います。

はっきり言って解雇するのはもったいないですよ!

ジョンソンとギッセルと許さんは解雇されても当然ですけどね(※実はその後の調べで許さんは解雇されていない事が判明しました)。

カブレラも劣化気味なので高額年俸の事を考えると解雇されてもしょうがないと思います。

とりあえず、これから獲得するであろう新外国人選手が、とんだいっぱい食わせ者ではない事を願ってます。


追伸:

石井一の人的補償でヤクルトに行くのはいったい誰なんだろう!?

私的には後藤のような気がするのですが・・・
[PR]
by hirajun-51 | 2007-11-27 23:22 | レオ日記
和田さんやカブレラの去就問題、更にヤクルト石井一の獲得が濃厚になるなど、地味に盛り上がりを見せている我が西武ライオンズのストーブリーグ。

まあ、上記の選手達の事に関しては、去就がはっきりしてから語るとして、今回は今シーズンの西武ライオンズの反省会をしたいと思います。

なお、下記に書いた事は全て、西武ライオンズをこよなく愛して25年である私の独断と偏見により評価したものなので、ご了承下さい。


今シーズンの戦犯→伊東監督(「代打小関!」の采配で周りを凍りづかせたジャイアンツの原監督ばりに、今シーズンの伊東監督は不思議な采配が多く、しかもBクラスがほぼ確定したシーズンの終盤はかなり投げやりの采配が目立ちました。見ていて本当に腹立たしかったです!)

【投手部門】

MVP→涌井(最多勝お見事でした!来年以降も安定した投球を期待します)

優秀選手1→(新人で11勝は本当に素晴らしいです。リリーフ陣が炎上しなければ14勝ぐらいは出来たと思います)

優秀選手2→岩崎(シーズンの序盤は打たれたものの、後半になり徐々に安定してきて、十分に持ち味を発揮していたと思います。来季はストッパーとしても期待出来そうです)

塩1→小野寺(選手の中では間違いなく戦犯!今シーズンの炎上っぷりは大沼先生より上でした)

塩2→ギッセル(使い続けた方にも問題はありますが、9連敗はいくらなんでも酷すぎです。どうやらクビ決定みたいですが・・・)

給料泥棒ジェイソン・ジョンソン(持病の糖尿病より、肘の方が欠陥品でした。この3億5千万の助っ人は、今後西武の歴史の中でジョン損と言われ続けると思います)

今シーズンの大沼先生(9試合投げて1勝2敗。防御率6.75・・・こんな成績でも渡辺新監督から期待されている所が大沼の凄いところです。ただ、昨年より投球回数と四球の割合が良くなっていたのは大成長だと思います。来シーズンは、ある意味同じ匂いがする谷中が西武に復帰してくるので、大沼自身、マジで正念場かもしれないです)

投手陣の来季に関して・・・→まずはストッパーを誰に任すかが問題です。本来は小野寺なんでしょうが、正直復活するような感じがまったくしないですし、今シーズンの途中からストッパーを務めたグラマンも、かなり危なっかしくて、ファンとしては心臓に悪すぎなので、そう考えると私的には今の所、岩崎が一番適しているのではないかなと思います。
先発投手に関しては石井一が来れば、涌井、西口、岸、石井一、帆足を中心に、その他では松永、グラマンあたりで十分に回せると思います。
とにかく二桁勝利を計算出来る石井一には絶対に西武に来てもらいたいです。

【打撃部門】

MVP→該当者なし!

優秀選手1→GG佐藤(約一ヶ月でガス欠してしまった昨年とは違い今年はシーズンを通して活躍したと思います。ただ、真価が問われるのは来年です。最低、今シーズンと同じぐらいの成績は残してもらいたいです)

優秀選手2→中島(ホームランは12本と少ないものの、打率はかろうじて3割をキープしたので、一応優秀選手にしてみましたが、正直中島はもっと上の成績を残せると思います。来シーズンはホームランの数はともかく、打率は三割三分ぐらいを期待します。それぐらいの成績を残すのは十分に可能な事だと思いますので)

給料泥棒→カブレラ(マジで劣化しまくりです。果たしてカブちゃんは本当に西武からグッバイとなってしまうのでしょうか!?)

今シーズンのリーファー→(2軍生活が長く、完全に期待を裏切られました。来期に関しては残留と書いてある媒体もあれば、戦力外と書いてある媒体もありますが、大のリーファーファンである私としては絶対に残留してもらいたいです。来期は必ず大爆発しますよ!自信ないけど・・・)

打撃陣の来季に関して・・・→ 和田さんとカブレラの去就がはっきりしない限り、今の時点ではなんとも言えないですが、仮に和田さんがいなくなったとしても栗山がいますし、カブレラの代わりにはヤクルトのラミレスを獲得するのが一つの手だと思います。
まあ、本当は新たな助っ人外国人選手を海外から発掘してくるのが一番良いのかもしれないですけどね。
リスクはかなりありますけど・・・
それと、新加入の種田が実際にどのくらい活躍するのか注目してみたいと思います。
かつて西武をクビになってヤクルトに行き、大復活した鈴木健みたいな例もありますからね。

以上、今シーズンの我が西武ライオンズの反省会でした!
[PR]
by hirajun-51 | 2007-11-19 00:31 | レオ日記

まさかオシムが・・・

今回は個人的に気になるスポーツネタをいくつか取り上げてみました。


意識なく、依然予断許さず=急性脳梗塞のオシム監督-サッカー日本代表

本当にまさかの出来事です。
やっとオシム監督が理想としているチームの形が出来上がってきたところだったのに・・・
しかし、今はとにかくオシム監督が一日も早く回復する事を願うだけです。
頑張れ!オシム。


石井一、西武に好印象 代理人同席で2度目の交渉

石井一は今の我が西武には、とても必要な選手だと思います。
なので絶対に入団してもらいたいです。
ただ、スポニチに書いてあった2年8億円の条件提示は、いくらなんでも高すぎです(サンスポでは2年5億5000万って書いてあったけど・・・いったいどっちが正しいんだ!?)。
それにしてもクビの可能性が高いカブレラとFA宣言をした和田さんは、いったいどうなるんでしょうか!?
特に和田さん!
まあ、私的には和田さんは中日に行ってもらっても全然構わないんですけどね。
代わりには栗山がいますし・・・
けど、何だかんだいって、結局二人とも西武に残るような気がしない事もないです。
とりあえず、早くはっきりさせて下さい!


小椋、潮田組が決勝へ=佐藤は5連覇に前進-全日本総合バドミントン

私は小椋の方がタイプです(それだけかよ!)。
[PR]
by hirajun-51 | 2007-11-18 02:07 | スポーツ

埼玉の星!

浦和が2-0で初優勝 セパハンとの決勝第2戦

いや~、最高の勝利ですね。

しかも今日は埼玉県民の日ですよ!(千葉県の友人に言われるまで私は忘れていたが・・・)

Jリーグが始まった当初、悲しくなるぐらい弱かった浦和レッズが、今回アジアクラブ王者にまで上り詰めたのは、埼玉県人の私としては、とても感慨深いです。

本当にあの頃は弱かったですからね。

これで12月のクラブW杯も楽しむ事が出来ますよ。

クラブW杯は、初戦となる準々決勝の試合に勝利すれば、準決勝では世界のACミランと対戦する事になります。

是非ともACミラン戦は見てみたいです。

そして、厳しいかもしれませんが、優勝も期待しています。
[PR]
by hirajun-51 | 2007-11-15 00:56 | スポーツ

スイーツな世界⑭

d0040708_0174894.jpg

ふらの牛乳プリン!


とにかくメチャクチャ美味い!

食感も超~なめらかで最高!!

そしてビンがかわいい!!!(それはどうでもいい話だが・・・)

私は今まで巷で人気のあるプリンからコンビニに売っている100円のプリンまで、色々と食べてきましたが、このプリンはマジで最強だと思います。

私的プリンランキング第1位決定です!(もちろん今後ランキングが下がる可能性もありますが・・・)

ふらの万歳~!

そしてありがとう、池袋東武の北海道フェアー!!
[PR]
by hirajun-51 | 2007-11-12 00:13 | 私の美味しんぼ

オレ流の勝ち!

中日、53年ぶり日本一 オレ流で完全リレーd0040708_1823416.jpg

今年のプロ野球日本シリーズは、中日ドラゴンズが北海道日本ハムを4勝1敗で下し、53年ぶり2度目の日本一に輝きました。

おめでとう!

それにしても優勝が決定した第5戦の中日・山井投手のピッチングは本当に見事でしたね。

賛否両論の山井投手の交代の件ですが、9回の時点で1点差だったら守護神である岩瀬投手を投入するのがレギュラーシーズンからの中日の必勝パターンですし、地元名古屋で優勝する為には、この試合で絶対に勝たなければいけなかったわけですから、あの場面で岩瀬投手に交代した事は当然といえば当然の采配だったんじゃないかなと個人的には思います。

まあ、「当然の采配」というのはあくまでも「落合中日ドラゴンズ」の中で当然という意味ですけどね。

他の監督ではなかなか出来る判断ではないと思いますよ。

正直な話、落合采配を肯定している私自身も、交代が分かった瞬間は少々驚いてしまいましたからね。

ただ、この堅実的な「オレ流」采配こそが、ここ数年の落合中日ドラゴンズの強さの秘訣なんだと思います。

「オレ流」采配、恐るべしです!


この中日の堅実的な戦い方を見て、私は昔の我が西武ライオンズを思い出してしまいました。

時代は、森祇晶氏が監督をやっていた頃の西武ライオンズ黄金時代まで遡ります(1980年後半~1990年前半)。

あの頃の西武ライオンズは、戦い方が非常に堅実的でしたが、強さに関してはマジで最強だったと思います。

ホント、常に優勝していましたからね。

東尾、工藤、渡辺久、郭、松沼兄やん、石毛、辻、秋山、清原、そしてブコビッチ・・・

懐かしいな~!!!

ちなみに今シーズンの我が西武ライオンズは堅実的な野球をやろうとしても、多分出来なかったと思います。

リリーフ投手は炎上しまくりでしたし、送りバントの失敗もけっこうありましたからね。

まあ、それ以前に伊東の采配自体が完全に終わってましたが・・・

新監督の渡辺久さん(通称、ナベキュウ)と新コーチのデーブ大久保さん、なんとかグダグダの我が西武ライオンズを立て直して下さい。

よろしくお願いします。

以上、結局最後は我が西武ライオンズの事を語ってしまった今回のブログでした。

そうだ!すっかり忘れていたが、早くこのブログ上で今シーズンの我が西武ライオンズの反省会をしなければ・・・


追伸:

90年代前半の西武ライオンズ黄金時代、当時中学生だった私は、

「学校給食不味いぞストライキ!」

という、給食をほとんど食べないストライキを一人でやっていました。

ホント馬鹿ですね。
[PR]
by hirajun-51 | 2007-11-04 05:23 | スポーツ