寒すぎて体が動きません。


by hirajun-51
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

気がつけば今日は大晦日!

途中まで書いて、残りが中途半端の状態になっていたプライド男祭りの勝敗予想をさっそく書いていこうと思います。(かなりやっつけ気味…)

ちなみに前回書いた予想はこちらをクリックする見れます。

「PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI-」

●桜庭和志対美濃輪育久 
田村が桜庭戦を毎度お馴染みのキャンセルした為、急遽組まれた一戦。
多分判定で桜庭の勝ち。
けど美濃輪の「ヘブン!」も見たいな~

<PRIDEミドル級タイトルマッチ>
●ヴァンダレイ・シウバ対 ヒカルド・アローナ 
ミドル級グランプリではシウバに判定で黒星をつけたアローナ。
しかし今回はシウバが秒殺でKO勝ち!

●ミルコ・クロコップ対マーク・ハント
今のミルコにはヒョードルとノゲイラ以外の選手は勝てないと思います。
ハイキックでミルコのKO勝ち!

●エメリヤーエンコ・ヒョードル対ズール
まだまだ実力未知数のズール。
しかしヒョードルには勝てないでしょう。
大晦日の夜に相応しくない映像が流れる可能性大です。
それはもちろんヒョードルがズールをボコボコにするという事です。
という訳でヒョードルの秒殺KO勝ち!
 
●金子賢対チャールズ・“クレイジー・ホース”・ベネット 
ベネットのKO勝ち!
この一戦も放送コードが危ない映像が流れる可能性大です。
ベネットは空気読まないで殴り続けそうな感じです。
まあ金子賢はたとえ実力で勝ったとしても「八百長!」と言われるだろうし、負けたら負けたで「素人は出てくるな!」と叩かれるでしょうから、どちらにしても辛いですね。

●エメリヤーエンコ・アレキサンダー対パウエル・ナツラ 
時期プライドヘビー級のエースを決める一戦!
ナツラの一本勝ち!
エメリヤ・エンコ弟も強いですが、ナツラの潜在能力はもっと凄いと思います。

●ジャイアント・シルバ対ジェームス・トンプソン 
トンプソンのKO勝ち!
最近のシルバのやられっぷりを見ていると哀れに思います。
今回も殴られて終了だろうなぁ…もうハッスルに専念しろ!

という訳で、かなりやっつけで予想しました。

本当に今日、これから小川と吉田がやるんだよなぁ…

この試合だけに関しては、結果を知るのが非常に怖いです。
[PR]
by hirajun-51 | 2005-12-31 13:55 | スポーツ
前回の記事の続きです!(続きと言いながら数日あいてしまいましたが…)

さっそくK-1Dynamite!の残りのカードの勝敗予想をしてみたいと思います。

<HERO’Sルール 5分3R>
●ピーター・アーツ対大山峻護
アーツのKO勝ち!

テレビではダイジェスト確実のカード。
個人的にアーツには、HERO’Sルールでモンターニャ・シウバとの
試合がみたいです。それにしても最近モンターニャを見かけないな~

<HERO’Sルール 5分3R>
●中尾芳広対ヒース・ヒーリング
中尾に頑張ってもらいたいですが、総合の経験から言って
ヒーリングの一本勝ち!

まあ他の試合がフルラウンド決着ばかりなら
このカードもテレビではダイジェスト候補ですね。

<HERO’S特別ルール 10分2R>
●ホイス・グレイシー対所 英男
秋山の負傷欠場によって急遽実現する事となった
私の中では最高級のゴールデンカードです。
ここで所がホイスを敗れば、完全に所時代の到来となるでしょう。

という訳で予想は所が三角締めでレフェリーストップ勝ち!

何故レフェリーストップかと言うと、ホイスはギブアップをしない人なので
三角締めが完璧に決まれば多分レフェリーが試合をストップさせてしまうと思います。
けど、もしそうなったとしたら、ホイスが

「ギブアップしてねーよ!おら!」

とかつての吉田戦のように猛抗議する可能性大です。

<HERO’Sルール・75キロ契約 5分2R延長1R>
●永田克彦対レミギウス・モリカビュチス
この試合も秋山負傷欠場によって急遽実現するカードです。
予想はレミギウスのKO勝ち。

永田弟の潜在能力は高いですが、
なんといっても総合初挑戦なので、レミギウスの強烈なパンチを
避けるのは困難だと思います。

過去に永田兄がミルコ・クロコップに秒殺KOで負けましたが、
今回、永田弟が兄の二の舞にならない事を祈ります。

<HERO’Sルール 5分3R>
ジェロム・レ・バンナ対アラン・カラエフ
バンナのKO勝ち!

この前、カラエフは胡桃を親指と人差し指だけで
割るという、世界ビックリ大賞チックな技をテレビで披露していましたが、
そんな余計な力は総合格闘技にはあまり必要ないので、多分バンナに
ボコボコにされるでしょう。

追加のカード!
<K-1ルール 3分3R延長1R>
●レミー・ボンヤスキー対ザ・プレデター
レミー・ボンヤスキーのKO勝ち!

いい加減にプレデターはプロレスに戻りなさい。
あんたはプロレスをやっている姿が一番かっこいいぞ!


最後の方はかなりやっつけ的な感じで書いてしまいました。

その理由は明日の朝、5時起きだからです…orz

勝敗予想なんて完全に自己満足の世界ですが(ブログなんてそんなもんだと思う)

なんとか大晦日までに残りのプライド男祭りの予想も仕上げたいと思っております。
[PR]
by hirajun-51 | 2005-12-28 23:41 | スポーツ
大晦日のK-1PREMIUM 2005 Dynamite!!のカードがほぼ出揃いました。

なんと欠場となっていた魔裟斗の参戦が急遽決定!

王者・アンディー・サワーとの対戦が浮上したら、怪我を理由に欠場し、

相手がK-1初心者の大東になったら原辰徳のジャイアンツ愛をパクった

「K-1愛」宣言でやっぱり参戦を決意!

しかも「だてに休んでいたわけじゃない…俺はまた強くなっている」と強気の発言。

それならアンディー・サワーとやれよ!と一応ツッコミを入れておきましょう。

という訳で、以前にこのブログでDynamite!!の勝敗予想を数試合分しましたが、

今回は残りの試合の勝敗予想をしてみたいと思います。

ちなみに以前に予想した試合の記事はここをクリックすれば見れます。

まあたいした事は書いてありませんが…

「K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!」 大阪ドーム

【決定対戦カード】
<K-1ルール 3分3R延長1R 72キロ契約>
●魔裟斗大東旭
普通に魔裟斗が勝つでしょう。ローキックの連発で多分KO勝ち。
万が一、魔裟斗は劣勢にたたされたとしても必殺のキンタマキックがありますしね。
けど大東にはボクシング元日本王者の意地を見せてもらいたいです。

<K-1ルール 3分3R 延長1R>
●武蔵ボブ・サップ
おなじみの判定で武蔵の勝ち。
一歩間違えれば、グダグダ度120%の試合になる恐れありです。
武蔵はバラエティー番組に出ている時は面白いんだけど、肝心の
試合がつまらんのだよなあ~

このまま他の試合も全部書いてしまうと、メチャクチャ長い記事になってしまうので、

とりあえずHERO'Sルールの試合に関しては、また次に書きたいと思います。
[PR]
by hirajun-51 | 2005-12-25 16:58 | スポーツ

高橋名人の現在!

前回の記事で、同人誌版のドラえもんの最終回に感動した話から、何故か最後は高橋名人の16連射の話しになってしまいましたが、たった今、その高橋名人のブログを発見しました。

ブログ名がなんと「16連射のつぶやき」(左の太字からブログに入れます)

やはり高橋名人と言ったら16連射なんですね。

「ども、名人です」

という言葉に思いっきり笑ってしまいました。
[PR]
by hirajun-51 | 2005-12-25 11:00 | 日常生活の話し
ドラえもん最終話 『のび太くん、宿題は終わったかい!?』

を読みました。

感動です。胸が熱くなりました。

この話は同人誌版なので、実際の話ではないらしいのですが、非常に読者の心を惹きつける内容だと思います。

そういえば、私がまだガキンチョだった頃、ドラえもんの最終回の噂が流れた事がありました。

「実は交通事故で植物人間になってしまったのび太にドラえもんがずっと夢を見させていた」

当時私が耳にしたのは上記の太字ような噂でした。今回のようにしっかりとした話の内容があったわけではありませんが私はこの噂を信用していました。

ちょうどその時期、サザエさんの最終回の噂も流れていました。

その噂の内容というのは下記の太字のようなものです。

「サザエさん一家が海外旅行に行く為に乗っていた飛行機が海に墜落して、サザエさん一家はそのまま海に帰ってしまった…」

もう少し詳しく説明すると、サザエさんは貝のサザエになり、マスオさんは魚のマスなるというような感じで、サザエさん一家がそれぞれ名前の由来になっているものに変身して海に帰ってしまったという噂が流れたのです。

それじゃあ波平は波になるのかよ!と今更ですがツッコミを入れておきます。

普通に考えて、こんなとんでもない内容の最終回になるわけがないのですが、悲しい事に当時の私はこの噂を思いっきり信用していました。

温かい日本の家庭を描いている国民的人気アニメのダークなフィニッシュ…こんな噂を信用してしまった自分自身が非常に情けないです…orz

最終回ネタとはまったく関係ない話ですが、私は小学生時代、当時ファミコンで旋風を巻き起こしていた高橋名人が逮捕されたという噂も信用していました。

噂の逮捕理由は下記の太字のようなものです。

「高橋名人が1分間に16連射を達成したコントローラーのボタンの内部に、連射しやすいようにバネが入っていた事が発覚して、16連射達成はインチキだったので逮捕…」

この噂を信用したガキの頃の私に一言。

こんな理由で逮捕されるわけねーだろ!

(高橋名人の名誉の為にフォローしておきますが、多分16連射達成は本当です)
[PR]
by hirajun-51 | 2005-12-24 21:13 | 日常生活の話し

また巨人かよ!

ロッテ小坂が巨人に金銭トレード…なんだこりゃ!

いや、別にロッテに関してどうのこうの言うつもりはないのです。

球団経営の事や若手中心のチーム作りを考えたら、一億近い年俸をもらっているベテランの小坂がトレード要員になるのはある意味仕方がないのかもしれません。

問題は毎度お馴染み、何でも欲しがるの巨人の姿勢です!

小坂の守備位置である遊撃と二塁は、ニ岡と仁志という数字を残せる選手が既にいます。

選手層を厚くしたい気持ちはわかりますが、それなら巨人にたくさん埋もれている(と思われる)生え抜きの有望な若手選手にもっとチャンスを与えるべきだと思います。

結局巨人はタツノリ政権になっても、生え抜きの若手選手を育てようとする姿勢がまったく見えません。本当に今まで何人の有望な選手を潰してきた事か…

まあ天下の勘違い野郎ナベツネが手を引かない限り、いつまでたっても巨人のダークな姿勢は変わらないでしょうけどね。

とりあえず数年後、小坂が江藤状態にならない事を祈ります。
[PR]
by hirajun-51 | 2005-12-23 03:35 | スポーツ

凄いぞ!浅田真央

 いや~、昨日のフィギュアGPファイナルでの浅田真央は凄かった。

あの柔らかな動きと最高のスマイル!

思いっきり楽しみながらスケートをしている雰囲気がテレビ越しに伝わってきました。

例のトリノ問題ですが、特例という形はあまりよくないと思います。だからISUは特例でなく、

「今すぐに規則を改定をしろ!!!」

と言いたいです。

規則自体を年齢制限なしに変えてしまえばいいんですよ。いやマジで変えろって感じです。まあこれもある意味、特例かもしれませんが…

だいたいISUは、定めた規定の中で「子どもの成長を妨げるような過度な練習や精神的重圧を避けるため、五輪と世界選手権の出場は前年の6月30日までに15歳に達することが条件」とか言っていますが、浅田は今まで過度な練習をしてきたから、あんなに素晴らしい演技が出来たんでしょうし、すでに精神的プレッシャーだって何度も味わっていると思います。

なのに選手にとっての最高の舞台であるオリンピックに上記のような理由で出られないなんて意味が分かりません。

他の選手だってチャンピオンが出ないオリンピックで金メダルを取ったって、嬉しくないと思いますよ。

とても勢いがある今だからこそ、なんとかして浅田をトリノの舞台に立たせてあげたいです。

この問題、ど~にかなりませんかね・・・ど~にもならないだろうけど…

さて、浅田真央とは対照的だったのはミキティーこと安藤美姫。

昨日は3コケ…顔面は悲壮感が漂っていました。

ちょっと前までは今の浅田真央以上にフィーバーしていたのに…勝負の世界は恐ろしいです。

最近の安藤は「自分はかわいい」的オーラがプンプン出ていて、私としては「ちょっと勘違いしてねーか!」という思いがあったのですが、冷静に考えても彼女はまだ18歳ですし、あれだけマスコミに持ち上げられたら多少なりとも調子に乗ってしまうのは仕方がないかもしれません。(これはあくまで私の意見であり、他の人はどう思っているか分かりませんが)

だって、もし私が同じようにマスコミに持ち上げられたら確実に調子に乗ると思いますよ。それが例え三十路が近い今であったとしても…(悲しい事に絶対ありえない事ですが…orz)

安藤はトリノには多分出場する事になると思いますから、今度こそは素晴らしい滑りと4回転ジャンプを見せてもらいたいものです。

それと荒川静香!以前このブログで書きましたが、個人的にあの顔が大好きなので、是非トリノには行ってもらいたいです。(演技でなく顔かよ!って一人ツッコミ…ちょっと空しい)
[PR]
by hirajun-51 | 2005-12-18 18:29 | スポーツ

仰木マジックよ永遠に…

“知将”仰木彬氏が亡くなりました。

今シーズン、新生オリックスの監督に就任した時、すでに体調が悪かった事は知っていました。

しかし体調不良でありながらも仰木氏は今シーズンを見事に戦いぬきました。

まさにその気力は、仰木氏の最近の口癖になっていた

「グラウンドで死ねたら本望や」

の精神から来ていたのだと思います。

仰木氏は、2軍にいた鈴木一郎をイチローの登録名にして1軍に抜擢し、スーパースターにした張本人ですし、その他にも、野茂や長谷川、田口、大塚など、世界に通用する選手をたくさん育て上げてきました。

試合の采配では、「仰木マジック」と言われた奇策を得意とし、そのマジックはライオンズファンである私にとって大変脅威を感じさせるものでした。

今オフ、体調不良で監督を辞任しましたが、その後は新たにオリックスの球団シニアアドバイザーとなって清原獲得に向けて積極的に動くなど、最後の最後まで野球道を突っ走っていました。

そんな仰木彬氏に心の底からお疲れ様を言いたいです。

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by hirajun-51 | 2005-12-17 02:37 | スポーツ
2006FIFAワールドカップドイツ大会の組み合わせが決まりました。

我が日本代表はグループFでブラジル、クロアチア、オーストラリアと対戦します!

「おいおいブラジルと同じグループかよ!」

って最初は思いましたが、正直どのグループに入ってもキツイ戦いになる事は変わりないので、まずは一次リーグ突破を目指して頑張ってもらいたいです。

私的に最近の日本代表は以前よりチームとしてのまとまりがないような気がします。

チームの柱だった中田英の影響力が弱くなってきているからかもしれませんが、やはりチームが一つにまとまらない限り、W杯で勝ち進むのは大変厳しいと思います。

今の日本に必要なのは中田英に代わってチームをまとめる事が出来る絶対的な柱の出現です。

その柱になれる選手は小野伸ニしかいないと思います。だから、

「小野よ、早く帰ってきてくれ~!」

チームさえまとまれば、あとは全て監督の采配次第です。

本大会まであと半年!小野の復帰と共に、今まで何度も奇跡を起こしてきた神様ジーコの手腕に期待です。


W杯対戦国決定記念として、今となっては化石となっているファミコンのサッカーを久々に立ち上げて、W杯のシュミレーションとして日本対ブラジル戦を実現させてみました。
d0040708_12563658.jpg
万歳している方は私が操作している日本で、ちょうど同点ゴールを挙げた所です。操作性が悪すぎてつまらないので前半終了しないうちにリセットを押してしまいましたが、当時ファミコンのサッカーソフトはこれしかなかったので、何度もプレイしたのを記憶しています。

ちなみにこのゲームは1チーム6人制です。のちに5人制のフットサルが流行るなんてこの時は思いもしませんでした。

このゲームの裏技として、ハーフタイムになった時、スタートボタンを連打するとチアガールが黒人になるというのがありました。こんな些細な事に喜んでいたあの頃が懐かしいです。

本当に良い時代だったなぁ~
[PR]
by hirajun-51 | 2005-12-11 02:48 | スポーツ
外は久々の雨です。しかもやたらと寒い!もう12月だから寒いのは当たり前なのかもしれませんが、寒いのが大嫌いな私としては、非常に辛い季節が今年もやってきたという感じです。

そんな感じで部屋に引き篭もってる私ですが、前回の記事で大晦日のK-1・Dynamite!!を語ったので、今回はその対抗馬とも言えるPRIDE 男祭りについて軽く語ってみたいと思います。特にやる事もないですし…orz

PRIDE 男祭り2005 頂-ITADAKI- さいたまスーパーアリーナ 

【決定対戦カード】
<メーンイベント/PRIDEオフィシャルルール>
●吉田秀彦対小川直也
まさかまさかの仰天カード!久々にドキドキ感MAXの日本人同士の対戦です。
実現するにしてもまだまだ先だと思ってましたし、実際は実現不可能と思っていたので、このカードが発表された時は大変驚きました。水面下で1年前から交渉に入ったり、先日まだこのカードが発表される前にスクープとして取り上げてしまったスポーツ報知がDSEから永久取材拒否を言い渡されてしまったりと、試合前から緊張感が出まくりの状態となっていますが、この緊張感こそが格闘技の醍醐味だと思います。

ちょっと話がずれますが、最近のプロレスがつまらないのは、この緊張感がまったくないからだと思います。プライドとプロレスを同じ土俵にするなと言われそうですが、確かに10年ぐらい前まではプロレスにもこのようなピリピリとした緊張感が存在していたんです。高田対北尾、高田対武藤、橋本対小川などはまさに緊張感爆発のカードでしたよ。

話を吉田対小川戦に戻しますが、この試合は間違いなく吉田が有利だと思います。
ここ数年間、ホイスやシウバ、ハント、ガードナーなどの実力者とハードなガチンコを行なってきた吉田に対し、小川はハッスルでぬるま湯的な試合をずっとやってきました。私的にハッスルは嫌いではないのですが、いざプライドルールでの対戦となると、その経験の違いがはっきりと表れると思います。小川が柔道着を着てきたら、少し変わった展開になるかもしれませんが、そんな事は99%ないと思いますので、予想は順当に袖車で吉田の勝ちです。

いつもは無責任に適当な事を語っている私ですが、かなり真面目に書いてしまいました。それぐらいこの小川対吉田戦はスペシャルカードなのです。

それではここからはいつもどおり適当に語っていきます。

<PRIDE GP 2005ライト級トーナメント決勝戦>
●五味隆典対桜井“マッハ”速人
私的には底から這い上がってきたマッハに頑張ってもらいたいですが、予想は五味のKO勝ち。ただこの試合はこの日のベストバウトになりそうな気がしまくりです。

<PRIDE GP 2005ウェルター級トーナメント決勝戦>
●ダン・ヘンダーソン対ムリーロ・ブスタマンチ
格闘技にあまり詳しくない人にとっては、ただのオヤジ同士の殴り合いに映るかもしれませんが、この二人は普通のオヤジではないので、私的には非常に魅力的なカードです。以前プライドのリングで対戦した時は、ダンヘンが秒殺で勝利したので、今回ブスタマンチはリベンジに燃えていると思いますが、予想はダンヘンのKO勝ちです。私もこの二人のようにかっこよくて強いオヤジになりたいです。

●中村和裕対近藤有己
近藤!頼むから勝ってくれ!パンクラスを旗揚げから見ている私はプライドのリングでパンクラス勢が散りまくっているのを見ると、マジで悲しくなってきます。私の願望がかなり入りまくっている予想ですが近藤の必殺「ブルート」が炸裂して、近藤がKO勝ちしてくれると思います。けど中村は最近強くなっているんだよなぁ…

●菊田早苗対瀧本誠
グラバカジム対吉田道場の戦い。いや、それよりも凡戦メーカー同士の戦いです。
お互い過去にプライドのリングでグダグダな試合をやりまくっているので、ある意味どんな試合展開になるのか楽しみですが、多分試合の90%が膠着状態で進んでいくと思われ、結局どちらとも決め手を欠き、判定決着になると思います。そして微妙な判定で菊田の勝ちと予想します。しかし客はブーイング。試合後のブーイングはこの二人にとってはいつものパターンです。

ダラダラと長く書いてきましたが、まだ上記のカード以外にも桜庭、ヒョードル、ミルコ、ノゲイラ、ハリトーノフ等のカードが決まっていない事を考えると、今年のプライド男祭対K-1Dynamite!!の大晦日視聴率決戦はプライド男祭りに凱歌が上がるような気がします。サダハルンバ大ピンチ!

しかしながら、男祭りの入場料金は高すぎです。VIP席15万なんて私みたいな庶民には手が出ません。一番安いチケットでも9000円ですからね…

という訳で最初に書いたとおり、私は寒いのが大嫌いなので、大晦日は自分の家か友人の家のテレビで男祭りとDynamite!!をニ元中継で見ながら年越しトコロテンでも食べようと思っております。

嗚呼…長く書いてしまった…このブログは完全に自己満足の世界に浸っているなぁ…orz
[PR]
by hirajun-51 | 2005-12-04 20:51 | スポーツ