寒すぎて体が動きません。


by hirajun-51
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:レオ日記( 20 )

西武、石井一の入団を発表 2年総額8億円で契約

私的にはなんとなく、石井一は最後の最後でヤクルト残留とか言い出すんじゃないかと思っていたので、今回正式に西武入団が決まった事は、とても嬉しいです。

けど、いくらなんでもちょっと年俸が高すぎだと思うんですが・・・

これだけの年俸をもらうのですから来シーズンの石井一には15勝以上はしてもらいたいです。

そして絶対に「ジョン損状態」にだけはなってもらいたくないです(ジョン損の例えは西武ファンなら理解出来るはず!)。

まあ、石井一ならきっと期待に答えてくれるでしょう!(多分・・・)

さて、その一方で27日のスポニチの紙面に次のような記事が載ってました。

西武 外国人は計5選手“解雇”

解雇されたのは、カブレラ、リーファー、ジョンソン、ギッセル、許の5人。

嗚呼・・・私の大好きなリーファーがクビを切られちゃいました・・・orz

確かにリーファーは来日して以来、出場機会に恵まれなかった事もあり、たいした成績を残してはいないですが、ずっと1軍で使い続ければ打率280、ホームラン20本ぐらいは打てると思います。

はっきり言って解雇するのはもったいないですよ!

ジョンソンとギッセルと許さんは解雇されても当然ですけどね(※実はその後の調べで許さんは解雇されていない事が判明しました)。

カブレラも劣化気味なので高額年俸の事を考えると解雇されてもしょうがないと思います。

とりあえず、これから獲得するであろう新外国人選手が、とんだいっぱい食わせ者ではない事を願ってます。


追伸:

石井一の人的補償でヤクルトに行くのはいったい誰なんだろう!?

私的には後藤のような気がするのですが・・・
[PR]
by hirajun-51 | 2007-11-27 23:22 | レオ日記
和田さんやカブレラの去就問題、更にヤクルト石井一の獲得が濃厚になるなど、地味に盛り上がりを見せている我が西武ライオンズのストーブリーグ。

まあ、上記の選手達の事に関しては、去就がはっきりしてから語るとして、今回は今シーズンの西武ライオンズの反省会をしたいと思います。

なお、下記に書いた事は全て、西武ライオンズをこよなく愛して25年である私の独断と偏見により評価したものなので、ご了承下さい。


今シーズンの戦犯→伊東監督(「代打小関!」の采配で周りを凍りづかせたジャイアンツの原監督ばりに、今シーズンの伊東監督は不思議な采配が多く、しかもBクラスがほぼ確定したシーズンの終盤はかなり投げやりの采配が目立ちました。見ていて本当に腹立たしかったです!)

【投手部門】

MVP→涌井(最多勝お見事でした!来年以降も安定した投球を期待します)

優秀選手1→(新人で11勝は本当に素晴らしいです。リリーフ陣が炎上しなければ14勝ぐらいは出来たと思います)

優秀選手2→岩崎(シーズンの序盤は打たれたものの、後半になり徐々に安定してきて、十分に持ち味を発揮していたと思います。来季はストッパーとしても期待出来そうです)

塩1→小野寺(選手の中では間違いなく戦犯!今シーズンの炎上っぷりは大沼先生より上でした)

塩2→ギッセル(使い続けた方にも問題はありますが、9連敗はいくらなんでも酷すぎです。どうやらクビ決定みたいですが・・・)

給料泥棒ジェイソン・ジョンソン(持病の糖尿病より、肘の方が欠陥品でした。この3億5千万の助っ人は、今後西武の歴史の中でジョン損と言われ続けると思います)

今シーズンの大沼先生(9試合投げて1勝2敗。防御率6.75・・・こんな成績でも渡辺新監督から期待されている所が大沼の凄いところです。ただ、昨年より投球回数と四球の割合が良くなっていたのは大成長だと思います。来シーズンは、ある意味同じ匂いがする谷中が西武に復帰してくるので、大沼自身、マジで正念場かもしれないです)

投手陣の来季に関して・・・→まずはストッパーを誰に任すかが問題です。本来は小野寺なんでしょうが、正直復活するような感じがまったくしないですし、今シーズンの途中からストッパーを務めたグラマンも、かなり危なっかしくて、ファンとしては心臓に悪すぎなので、そう考えると私的には今の所、岩崎が一番適しているのではないかなと思います。
先発投手に関しては石井一が来れば、涌井、西口、岸、石井一、帆足を中心に、その他では松永、グラマンあたりで十分に回せると思います。
とにかく二桁勝利を計算出来る石井一には絶対に西武に来てもらいたいです。

【打撃部門】

MVP→該当者なし!

優秀選手1→GG佐藤(約一ヶ月でガス欠してしまった昨年とは違い今年はシーズンを通して活躍したと思います。ただ、真価が問われるのは来年です。最低、今シーズンと同じぐらいの成績は残してもらいたいです)

優秀選手2→中島(ホームランは12本と少ないものの、打率はかろうじて3割をキープしたので、一応優秀選手にしてみましたが、正直中島はもっと上の成績を残せると思います。来シーズンはホームランの数はともかく、打率は三割三分ぐらいを期待します。それぐらいの成績を残すのは十分に可能な事だと思いますので)

給料泥棒→カブレラ(マジで劣化しまくりです。果たしてカブちゃんは本当に西武からグッバイとなってしまうのでしょうか!?)

今シーズンのリーファー→(2軍生活が長く、完全に期待を裏切られました。来期に関しては残留と書いてある媒体もあれば、戦力外と書いてある媒体もありますが、大のリーファーファンである私としては絶対に残留してもらいたいです。来期は必ず大爆発しますよ!自信ないけど・・・)

打撃陣の来季に関して・・・→ 和田さんとカブレラの去就がはっきりしない限り、今の時点ではなんとも言えないですが、仮に和田さんがいなくなったとしても栗山がいますし、カブレラの代わりにはヤクルトのラミレスを獲得するのが一つの手だと思います。
まあ、本当は新たな助っ人外国人選手を海外から発掘してくるのが一番良いのかもしれないですけどね。
リスクはかなりありますけど・・・
それと、新加入の種田が実際にどのくらい活躍するのか注目してみたいと思います。
かつて西武をクビになってヤクルトに行き、大復活した鈴木健みたいな例もありますからね。

以上、今シーズンの我が西武ライオンズの反省会でした!
[PR]
by hirajun-51 | 2007-11-19 00:31 | レオ日記
プロ野球はもうとっくに後半戦がスタートしているわけですが、今回は遅ればせながら我が西武ライオンズの前半戦総括をしてみたいと思います。

前半戦の我がライオンズは途中、「連敗続くよどこまでも♪」という感じで気がつけば10連敗してしまい、借金も最大10あって、更に最下位にまでなってしまったわけですが、その後の巻き返しによって4位ではあるものの、結果的に貯金1で前半戦をU ターン出来たのは、一時期の最悪な状況を考えれば、とりあえず良かったと思います。

これならまだまだ1位になれる可能性は十分に残されてますよ!!!(まずはプレーオフ圏内である3位以内に入る事が第一ですが・・・)。

しかし、1位になる為には、当然の事ながら救援陣の建て直しが急務です。

はっきり言って今シーズンの小野寺と星野はもう無理!

セットアッパーは山崎、岩崎、三井、そして復活した山岸あたりで上手く回し、ストッパーに関しては超~不安ですが、今の所なんとか凌いでいるグラマンの覚醒に期待するしかないです。

救援陣さえしっかりしてくれれば、前半戦の疲れが見えている涌井も楽になりますし、打撃陣はそれ程悪くないので、1位はともかく3位以内に入れる可能性はかなり高くなってくると思います。

なんとか頑張ってもらいたいです。

それでは前半戦の戦評します。(完全に独断と偏見)

投手部門

MVP涌井(文句なしの活躍!素晴らしい!!)

よく頑張りました岸(救援陣が崩れていなければ今頃10勝ぐらいはしていたと思う)

塩(戦犯小野寺(酷すぎる!!!このままでは大沼さんに2号を襲名か!?)

後半戦は、前半戦出遅れていた帆足と3億5000万円の助っ人であるジェイソン・ジョンソンに期待したいと思っていたのですが、ジョンソンはまたしても怪我で離脱。まさに「ジェイ損」状態です・・・orz

打撃部門

MVPGG佐藤(この調子で30本塁打以上に期待!キモティー!!)

よく頑張りました 該当者なし!

塩(戦犯)和田 (打率は決して悪くはないですが、チャンスに弱くて、しかもダブルプレーが多すぎる!頑張れ!!)

後半戦は中島やカブレラに期待!彼等は和田同様に打率はそんなに悪くはないですが、正直彼等の実力はあんなもんではないはずです。つ~か本塁打が少なすぎる!あと片岡!しっかりしろ!!)


追伸:

今年のプロ野球オールスターのファン投票で私は我がライオンズのリーファにネット投票で5票入れました。

予想通り落選しましたけど・・・
[PR]
by hirajun-51 | 2007-08-05 03:05 | レオ日記
3勝17敗・・・

ここ20試合の我が西武ライオンズの成績です。

まさかこんな落とし穴が待っているとは思いませんでした。

酷い!酷すぎる!!

松坂が抜けたとはいえ、オープン戦では神がかり的な強さを発揮していましたし、レギュラーシーズンに入ってからも4月中は首位に立っていたので、今年はもしかしたらレギュラーシーズンの1位通過もあるんじゃないかと思っていたんですが、ちょっと今の状況では1位通過どころか、26年連続Aクラス入りもやばくなってきました。

なんと言ってもあの楽天より順位が下になってしまいましたからね。

この不調の原因を私なりにいくつか考えてみました。

それが下記です。

お家芸である機動力の低下(赤田と片岡の怪我が原因)
先発投手陣の崩壊(涌井以外と言いたい所だが、本日の試合でとうとう涌井までもが炎上した)
リリーフ陣の大崩壊(1年目の岩崎はともかく、星野と長田は安定感ゼロ!小野寺も正直微妙・・・)
打撃陣の不振(特に和田・・・いい加減にしろ!)
伊東の監督のクソ采配(頼むよ伊東ちゃん・・・)

この中でも特に酷いのが打撃陣の不振。

今日現在(6月5日)で3割打者は3人いますが、チャンスでの一本が出なく、得点力が著しく低下しているのです。

実は先日読んだ、ある本に「選手オリジナル弁当の法則」というのが載っていて、そこには、

「球場でオリジナル弁当が売り出されている選手は不調になる可能性が高い」

というような事が某球団を例にして書いてありました。

その本にはライオンズの事は書いてなかったので、さっそく私自身でライオンズの選手に、この法則を当てはめてみた所・・・

見事に的中です・・・

以下が現在グッドウィルドーム(西武ドーム)で売られている選手の弁当と、その選手の現状です。

和田弁(昨年から販売されている和田のオリジナル弁当。昨年の和田の成績は、和田がレギュラーになって以来、一番最低だった。そして今シーズンも現在絶不調。ミスターダブルプレーの称号を手にしている。)

NakajiMAX弁当(今年新発売した中島のオリジナル弁当。今日現在で打率はまだ3割をキープしているものの、一時期よりはかなり下降気味・・・それにホームランの数があまりにも少なすぎ!やはり弁当の法則の影響か!?)

おかわり丼(おかわり君こと中村のオリジナルどんぶり。弁当ではなくどんぶりだが、基本的には弁当と同じような物だと思うので挙げてみた。とにかく今年のおかわりは最悪。バットになかなかボールが当たりません。現在2軍調整中)

どうですか!この法則。

見事に当てはまってますよね。

なので、

今すぐに選手オリジナル弁当(どんぶり)は販売中止!

つ~か、間違っても今シーズン調子の良い、GG佐藤のオリジナル弁当を新発売するなんて事は絶対にしないでもらいたいです。(ただでさえGGは、いつガソリンが切れるか分からんし・・・)

今日現在で首位とのゲーム差が9.5ゲームあります。

とりあえず二桁開かなければ、まだ大丈夫だと思います。(リーチかかってるが・・・)

オールスター前までに3位ぐらいになっている事を期待したいです。


追伸:

グッドウィルドームでは交流戦の間、期間限定で交流戦弁当なるものを販売しているらしいです。

もしかしたら、チームの不振の原因はこの弁当のせいかもしれないですね。
[PR]
by hirajun-51 | 2007-06-05 23:22 | レオ日記
2007・エキサイティングベースボール・パ!がいよいよ開幕します。

球団のフロント陣がグダグダ状態の中、オープン戦は神がかり的な強さで、ほとんど負けずに終了してしまった我が西武ライオンズですが、楽天と対戦する今シーズンの開幕投手はどうやら西口に決まったようです。

松坂が抜けた穴を埋める為にも、今年の西口には15勝以上を期待しています。

西口以外の先発投手陣では、涌井には最低でも二桁勝利、また、J・ジョンソン、松永、グラマン、ギッセル、岸の中から、2人は2桁勝利の投手が出てもらいたいです。

中継ぎは山岸が怪我で離脱してしまったので、岩崎と三井に期待!

抑えはもちろん小野寺です。

目標は40セーブでよろしく。

一方、野手陣に関してですが、赤田・福地・片岡には今年も足を使った機動力で相手をかき回してもらい、クリーンアップの中島、カブレラ、和田には3人合計でホームラン100発ぐらいかっ飛ばしてもらいたいです。

その他の野手陣では、GGやリーファーが好調ですし、おかわりも昨年以上に今年はやってくれると思いますし、石井義や栗山や佐藤友も控えているので、打撃の破壊力は今年も十分にあると思います。

キャッチャーに関しては、まだまだ炭谷は修行の身だと思うので、細川に頑張ってもらいたいのですが、いくら投手のリードが優先とはいえ、細川にはせめて打率を2割台にはのせてもらいたいです。

簡単に今シーズン、中心になると思われる選手をピックアップしてみましたが、何だかんだ言っても、それなりに今年も戦力は揃っていると思います。

なので、あとは伊東監督の采配次第です。

とりあえず最低でもAクラス。

あわよくば優勝。

悪の球団と言われようが私はライオンズを応援し続けます。

頼むぜ!西武ライオンズ!!


追伸:

大沼さん、頼むから今年は私の胃が痛くなるようなピッチングだけはしないでくれ!

全然期待はしていないけど・・・
[PR]
by hirajun-51 | 2007-03-24 00:02 | レオ日記
11月23日の祝日に行われた我等が西武ライオンズのファン感謝デー。

私もレオ仲間の悪友と共に参加しました。

シーズン中は客席がガラガラなのに、この日は、ラスト松坂という事と、入場が無料だったという事もあり、たくさんのファンが球場にかけつけてました。

けど、主催者発表の客数3万6千人はいくらなんでも水増ししすぎです。(笑)

球場に着いた私達は、イベント開始まで少し時間があったので、まずは球場直結の中華料理獅子でランチバイキングを食べました。(悪友のおごり)

実は私がこの店に来るのは、幼稚園の謝恩会以来なので、かれこれ20数年ぶりでした。

その謝恩会の時、当時から西武ファンだった私は、球場で練習をしていた石毛選手に向かって、

「石毛~、サインくれ~!!」

と球場の客席から野次りまくっていた事を今でも鮮明に覚えています。

本当に最悪なガキでしたね。(精神的には今もあまり変わらないが・・・)

さて、食事が終わった私達は、球場のスタンド内に入り、イベントを見る為の座席を探しました。

しかし、10時の開園時には既に3000人以上のファンが並んでいた事もあり、さすがに11時30分すぎに球場に着き、更に余裕をぶっこいて昼飯をのんきに食べていた私達には最高に良い席は残されていませんでした。

それでもなんとか見晴らしの良い一塁側のスタンド上部の席を確保出来たのは運が良かったです。

さあ!いよいよ感謝デーがスタートです。d0040708_2331537.jpg

感謝デーのイベントの内容ですが、前半は抽選で選ばれたファンが選手とキャッチボールや玉入れ(何故玉入れ!?)などをして交流してました。

また、その他の我々のようなファンは選手のトークショーを聴いて楽しんだりしてました。

我々は途中までトークショーを聴いた後、席を立ち、第二球場を見に行ったのですが、途中にある売店に人が群がっていたので、立ち止まって見てみたら、なんとそこで和田ベンがたこ焼きを売っていました。

あまりにもファンが集まっていて、近くに行けなかったのですが、遠くから見ても和田のでかさは確認できました。

更に少し歩くと、今度はまた別の売店に人が集まっていました。

そこでは高木浩之が店員をしていたのですが、正直、本物の店員と間違えてしまうぐらい違和感なく働いていました。

歩いて5分ぐらいで第二球場に着いたのですが、一番驚いたのは、隣接している若手選手の寮のショボさでした。d0040708_0185595.jpg

右の写真がその寮です。

これじゃあ、新人の選手が巨人に入りたがるのも多少は分かるような気がします。

あそこの寮は確かマンションですからね。

しかもこんな田舎じゃないですし・・・

ついでなので室内球場も見学しました。d0040708_0193179.jpg

ここも思ったより狭かったです。

この後、イベントが行われているインボイスドームに戻ったのですが、球場内の一部分を自由に入る事が出来たので、我々も人工芝の上を歩いてみました。

歩いている途中、ファンと長縄跳びで交流している松坂を発見したのですが、当然のごとくマスコミなどを含む人だかりが出来ていました。

しかし私的には、松坂と共に長縄跳びでファンと交流しているもう一人の選手の方が非常に気になってしまいました。d0040708_0195519.jpg

その選手とは私がこのブログで散々叩いてきた背番号15の四球王こと、大沼大先生です。(右の写真が大沼さんです)

私は大沼を見ておもわず

「もしかしたら大沼も松坂同様、西武の選手としては最後のファン感謝デーになるのかもしれないな~(要するにトレードに出されるという事)」

って思ってしまいました。

可能性は高いと思います。

球場内を歩き終わり、私たちは元の座席に戻ったのですが、それとほぼ同時にイベント後半のエキシビジョンマッチがスタートしました。

これこそ、私達が一番楽しみにしていたイベントなのです。

試合は赤田率いるキャプテンズと松坂率いる選手会長ズとの間で行われたのですが、この試合は我々の年代にとっては非常に嬉しいサプライズがたくさんありました。

なんといっても一番のサプライズは西武OBである往年の名選手の出場です。

先発した潮崎と渡辺久なんかは、まさに私の青春時代に活躍した選手なので、これを見れただけでも、この日は来たかいがありました。

その他にも白髪オヤジの土井さんや田辺、石井丈、苫篠、立花など、懐かしい顔ぶれが多数出場してました。(さすがに土井さんの現役時代はリアルタイムで見ていないが・・・)

ただ、後ろの席にいた子供が、OB選手の名前がコールされる度に、

「この人知らない~!」

と発していてのには、歳の差を感じずにはいられませんでした。

3回制で行われたこの試合は、あくまでも最後に登板する松坂の為に行われたようなものなので、内容的には相撲でいうショッキリ(シナリオ通り)みたいなものでした。

けど、平尾が色々と頑張っていたので非常に面白かったです。

最後に松坂が登板し、和田と対戦した時も、いきなり乱闘が始まったと思ったら、松坂を胴上げしたりして、かなり笑えました。

ちなみに松坂と和田の対戦結果ですが、松坂が見事に和田を抑え、有終の美を飾りました。(これはガチンコ勝負だったらしい)

エキシビジョンマッチが終了し、イベントの最後に松坂が挨拶をしましたが、神経がかなり図太いと思われる松坂もさすがに感極まったのか、言葉を詰まらせていました。d0040708_23185957.jpg

この場面を見て、私は来年から松坂がいなくなる事を改めて実感してしまいました。

いったい来年から、我が西武ライオンズはどうなってしまうのでしょうか?

という訳で、今年のファン感謝デーはこんな感じで終了しました。

まあ、来場者先着3万名プレゼントで配られたのが下敷きだったり、イベントの最後に飛ばす風船を有料で売っていたりと(シーズン中ならともかく、感謝デーぐらいはタダで配れって感じ!)、所々で毎度お馴染みの西武のせこさも見られましたが、入場料が無料だったわけですから、それぐらいの事でとやかく言うつもりは全然ないです。(ファン感謝デーだから入場無料は当たり前かもしれないが・・・)

ただ、一つだけ言わせていただくと、あの中途半端ドーム球場の寒さだけは、本当に勘弁してもらいたいです。

私はコートを着てきましたが、それでも寒すぎました。

シーズン開幕時は、気温もまだ低いでしょうし、私は経験してないですが、夏場は逆にめちゃくちゃ暑くなるらしいので、ここは是非ともポスティングの60億で完全なドーム球場を作ってもらいたいです。

以上、長くなりましたが、レオ日記(ファン感謝デーの巻)でした。
[PR]
by hirajun-51 | 2006-11-25 21:49 | レオ日記
レッドソックスが松坂を約51億で入札したとの情報が流れてきました。

もし事実だとしたら凄いですね~。

まあ、まだ確定したわけではないので、この話はひとまず置いておいて、今回は今年の西武ライオンズの反省会をしてみたいと思います。

まずは打撃編からです。

〔私的今シーズンのMVP〕
福地 (広島から移籍して見事に開花!抜群の機動力を発揮してくれました。すばらしい!)

〔私的今シーズンのよくやりました〕
カブレラ (打点王!最強の助っ人外国人です。欲を言えばもう少しホームランが欲しかったかな・・・)
中島 (3番打者として充分仕事をしました。来シーズンは首位打者に期待です。)

〔私的今シーズンの成長株〕
片岡 (盗塁はリーグ2位!不動の2番打者に成長しました。)

〔私的今シーズンのMSP(最もショッパイプレイヤー〕
和田 (打点はリーグニ位ですが、チャンスにゲッツーが多すぎでした!打率は3割切るし、ホームランも20本いかないし、期待が大きかった分、かなり裏切られた感が強いです。今シーズンがこんな成績で、果たして来シーズン、和田弁は売られるのだろうか・・・)

〔私的今シーズンの塩大さじ一杯〕
おかわり (この選手も私の期待が大きかった分、かなり裏切られました。いくらなんでもホームラン9本は少なすぎる!せめて20本ぐらいは打ってもらいたかったです。ちなみにシーズン前に私が予想したおかわりのホームランの数は30本以上です・・・orz)

〔その他〕 
赤田 (まあ、よく頑張ったでしょう)
高木 (今シーズンは若手にレギュラーを奪われ気味でしたが、まだまだ老け込むには早いです)
江藤 (ホームラン30本以上と期待した私がバカでした。ちなみに今シーズンのホームラン数は5本です)
GG  (オープン戦と開幕直後は打撃爆発でしたが、その後はスランプになり、そのままシーズン終了!)
佐藤友 (今シーズンはパッとしませんでした。もっと活躍出来る選手だとは思うんですけどね。)
栗山 (怪我の影響で打撃不振でしたが、それ以上に守備が終わってました)
石井義 (打撃は相変わらず良かったですが、サードの守備に関しては、マジで勘弁してもらいたいです)
リーファ (夏すぎにホームランを量産したのでなんとかクビにはならず・・・来シーズンは正念場です)
高山 (今シーズンは地味に打ってました。来シーズンに期待です)
細川 (シーズン終盤の数試合、急に打撃が爆発しましたが、結果的には打率1割台・・・ただ、リードに関しては西武の捕手の中では一番です)
炭谷 (開幕当初は西武の救世主的存在でしたが、やはり経験不足がもろに出ました。潜在能力はあるので大事に育ててもらいたいです)

とりあえず打撃に関しては上記のような感じです。

完全に私の勝手な感想ですけどね。

打撃の総合的な戦力ですが、今の西武は非常に能力の高い選手が揃っていると思うので、来シーズンは特に戦力補強をしなくても充分に現在の選手だけで戦えると思います。(巨人のように良い選手がたくさんいるのに他球団から好打者を獲ってくるのは三流のやり方です)

とにかく来シーズンは松坂が抜けて投手陣が苦戦しそうなので、打撃陣にはなんとしても頑張ってもらいたいですね。

次回は投手編です。
[PR]
by hirajun-51 | 2006-11-12 00:10 | レオ日記
福岡ソフトバンクが第2ステージ進出

我が西武ライオンズは負けるべくして負けたって感じですね。 

特に第2戦以降のチーム全体のグダグダ感には怒りを通り越して、おもわず笑ってしまいました。

なんかあまりにも酷くて、プレーオフの事を詳しく語る気にもなれないので、

今日の記事はこの辺で終了!

といきたい所なんですが、それじゃあちょっと素っ気なさ過ぎるので、久々に戦評してみようと思います。

ちなみにこの戦評は西武ライオンズに関してのものです。


プレーオフの戦犯→伊東(ファミコンのベストプレープロ野球でもやって監督の采配を勉強しろ!)

プレーオフで神だった選手→松坂(この男はやはり凄い!)

プレーオフの試合壊し屋→石井貴と星野(正直、登板した時点で壊される覚悟はしてました)


来シーズン、松坂がいなくなったら我が西武ライオンズはどうなっちゃうんだろ~・・・

考えただけで恐ろしいです。
[PR]
by hirajun-51 | 2006-10-10 00:04 | レオ日記

レオ日記!(観戦記)

盛り上がってまいりましたパシフィックリーグ!

既に我が西武ライオンズソフトバンク日本ハムがプレーオフ進出を決め、あとはこの3チームのどこが一位通過するかが、非常に重要な問題になってくるのですが、現時点では1位から3位まで、ほとんどゲーム差なく、どこが一位になってもおかしくない状況になっています。

そんな中、昨日私は、高校時代の悪友?であり、「西武ライオンズ、大沼幸二投手のネタを酒のつまみにして飲む会」会長のC太郎さんと、インボイス(西武)ドームでの西武対オリックス戦を観戦してきました。

実は私、このブログの中でさんざんレオ日記とか書いておきながら、西武球場に屋根がついてからは一度もこの球場に足を運んでいませんでした。

実際にインボイス(西武)ドームでの観戦は10年ぶりぐらいになると思います。

さて、観客動員ですが、さすがに連休の真ん中の日だけあって、ホームであるライオンズ側の応援席は沢山の人で埋まってました。

下がその画像です。
d0040708_15493672.jpg
そして、現在「振り向けば楽天(最下位)」状態のオリックス側の応援席は下の画像のような感じです。
d0040708_15511815.jpg
どうですか!このガラガラ具合。

余裕で前のシートに足をかけて見る事が出来ますね。

まあ、応援団がいる外野の芝生席には少しだけ人が集まってましたが、休日の試合でこの空席はあまりに酷すぎです。

で、試合ですが、カブレラと和田のホームランなどで見事に我が西武ライオンズが勝利しました。

え~、ちなみにC太郎さんも私も、

「売り子の女性は東京ドームの方が質が高い」

と、暴言を吐きまくりでした。

しかしC太郎さんは、数少ないかわいい売り子(すげ~手が小さかった)からチューハイを2度購入してました。

私個人としてはサーティーワンアイスクリームの売り子がかわいいと思っていたのですが、メチャクチャ寒かったので、買う気が起こりませんでした。

真夏なら3本はその女性から買っていたと思います。(買ったからといって何があるという訳ではないのだが・・・)

なんか売り子ばかり見ている駄目オヤジような感じになってしまいましたが、真面目な話をすると、やはり野球の生観戦は興奮して楽しかったです。

またC太郎さんにはチケットを頂いたり、たこ焼きを奢ってもらったりしてお世話になりっぱなしでした。

さすがは高校の修学旅行で共にアウトローをしまくった仲間です。

感謝しています。

さあ!今日から超~重要なソフトバンク戦です。

が・・・今速報を見たら、今日は負けたみたいです・・・orz

つ~か、途中まで放送していたテレビ東京はいいとして、

おい!ラジオ局!!

79.5に文化放送、あんた達だよ!

普段はライオンズびいきの放送をしているくせに、何でこんな大事な一戦を放送しね~んだよ!

まったく理解出来ないです。(ちょっとキレてみました)


追伸

新発売した石井貴の「金剛力士Tシャツ」はかなり素敵です。

私は着る勇気がありませんが・・・

d0040708_2123356.jpg

[PR]
by hirajun-51 | 2006-09-18 22:06 | レオ日記

レオ日記!

パ・リーグのペナントレースもいよいよ終盤戦に突入!

正直、西武ファンでありながら、この時期に我が西武ライオンズが首位争いをしているなんて、開幕前にはまったく予想していませんでした。

しかし!しかし!しか~し!

最近のライオンズ中継ぎ陣の炎上っぷりは何なんだ!

もちろん山岸、星野、石井貴の炎上三羽烏と、そいつ等より更に炎上しまくって、ネクスト大沼大先生を襲名しそうな勢いの長田先生の事ですよ!

この人達の酷さは度を越えまくってます。

ちなみに、炎上の神となり、マイホームの2軍に帰っていった大沼大先生は、どうでもいいです。

もうね、現段階で頼りになる中継ぎは三井しかいませんよ。

いっその事、上記の一軍にいる炎上中継ぎ軍団は全員二軍に落とし、その代わりに宮越、東、後藤、正津を昇格させたほうがまだマシだと思います。(っと言っても、今シーズン一軍登板のない後藤以外は全員今シーズンの前半戦で炎上して、二軍に落とされた奴らだが・・・)

抑えの小野寺の最近の炎上に関しては、小野寺は今シーズン、抑え一年目としては十分に活躍してきて、かなりの疲れがあると思われるので、私は責める事が出来ません。

まあ、こうなったらあとは先発陣の松坂、西口、涌井、ギッセル、松永にしっかりしてもらうしかないです。

打撃陣の方は、絶好調だった中島が、楽天の山村にデットボールをブチ当てられて骨折してしまうというアクシデントに見舞われましたが、なんとか9月中に復活出来そうなので良かったです。

つ~か、楽天の山村!

この投手は以前、カブレラにも当てて、しかも骨折させているんですよね。

本当の意味でこいつは西武キラーです。

勘弁しくれよ・・・

他の打撃陣に関しては、スランプだった和田の調子が戻り、赤田も地味に打率を上げ、更に片岡とカブレラも好調をキープしていますが、何だかんだ言って、最近一番打撃が好調なのは、ズンドコ細川です。

とにかく打ちまくってます。

しかし打率は未だに一割台です。

いかに今まで打っていなかったかがよく分かりますね。

それと忘れてはいけないのがリーファーの活躍です。

この時期になって、やっと活躍しだしました。

これで今シーズン終了後のクビはなくなったと思います。

さて、今後のパ・リーグのペナントレースですが、世の中は王さんの為にソフトバンクに優勝してもらいたいという雰囲気になってきているような気がします。

また、日本ハムも新庄の引退(私は撤回すると思っているが)や、来シーズン小笠原がFAでいなくなる可能性が高い事を考えると、今年優勝しておきたいところだと思います。

But!But!But!

我が西武ライオンズも、はっきり言って今シーズン優勝しないと来シーズン以降は優勝が難しくなる可能性が高いんです。

それは何故かって?

もちろん松坂のメジャー行きです。

本当に行っちゃったら、単純計算でも15勝分がなくなるわけですからね。

それにカブレラだって、いつへそを曲げて出て行ってしまうか分かりませんよ。

相変わらず巨人も狙っていそうな感じですし・・・

もしこの二人が本当にいなくなってしまったら、来年の今頃は楽天と最下位争いをしている可能性が非常に高いと思います。

なので、今シーズンのチャンスを逃さずに、

まずはプレーオフ突破!

そして、日本シリーズで優勝!

私のシナリオ通りに、よろしくお願いします。


追伸

我が埼玉のFM79.5に一言!

地元西武ライオンズの試合中継を放送の途中で終了するんじゃね~!
[PR]
by hirajun-51 | 2006-09-03 17:18 | レオ日記