寒すぎて体が動きません。


by hirajun-51
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:スポーツ( 132 )

北海道日本ハム・田中幸が史上35人目の2千本安打達成!

田中幸雄選手、2000本安打達成おめでとうございま~す!

たった35人だけですよ。

非常に重い記録ですね。

正直、ここ数年は若手選手の成長や田中幸雄選手自身の不調などもあり、試合の出場が激減していた為、もしかしたら記録を達成出来ずに引退してしまうのではないかという不安が私自身にあったので、本日、無事に記録を達成した一報を聞いた時はとても感動してしまいました。

本当に素晴らしいですね。

ちなみに私のデータが正しければ、我が西武ライオンズで現在一番2000本安打達成に近い選手は江藤智選手で、今現在の安打数は1509本です。

まあ、今の状況を考えると、多分江藤は達成出来ないと思いますが・・・

田中幸雄選手が日本ハム一筋で頑張ってきて、2000本安打を達成したように、江藤選手も広島一筋で頑張っていれば、もうとっくに2000本安打は達成出来ていたような気がしますけどね。

巨人なんかに行くからダメになるのです。(江藤は広島→巨人→西武と渡りあるいている)

とりあえず江藤選手には、早く一軍で今シーズンの初安打を打ってもらいたいです。

2軍なんてあんたには似合わないぞ!
[PR]
by hirajun-51 | 2007-05-18 00:03 | スポーツ
気が向いたので、今シーズンのセ・リーグの順位予想をしてみたいと思います。

レギュラーシーズン順位予想。

【セ・リーグ編】

1位:中日(投手陣も野手陣もレベルの高い選手が多し!このチームは強いです。ちょっと地味だけど・・・)
2位:阪神(井川の穴をどう埋めるかがポイントですが、なんだかんだ言って、Aクラスには入ってくると思います)
3位:巨人(普通にやれば余裕で1位になれるぐらいの戦力が揃っていますが、多分今年も普通に出来ないと思います)
4位:横浜(工藤と寺原の勝ち星次第では、クライマックスシリーズ進出も・・・?)
5位:ヤクルト(増渕は期待大です。彼は我が西武に欲しかった・・・)
6位:広島(黒田以外の投手陣がどれだけ勝てるかが鍵です!6位にしてしまいましたが、正直3位から下はゲーム差がほとんど無く、接戦になると勝手に予想します)

順位はこんな感じになりました。

1位予想した中日ですが、投打のバランスが取れていて、今年も強いと思います。

私的に思うのですが、落合監督になってからの中日の強さは、投手力や攻撃のいやらしさなどが、80年代後半から90年代にかけて、無敵の強さをほこっていた頃の西武ライオンズとそっくりなような気がします。

今年も1位は固いかもしれないですね。(地味だけど・・・)

2位予想の阪神ですが、井川がいなくなったのは痛いですが、能見、太陽、杉山辺りが今年はやってくれそうですし、ベテランの下柳もいますし、あとは怪我をしている福原と安藤が開幕に間に合えば、先発投手陣は万全だと思います。

もちろん抑えには藤川が控えてますしね。

打撃陣では今岡と桧山の復活がポイントだと思います。

この二人が完全復活したら、レギュラーシーズン1位もあるかもしれないです。

さて、3位から最下位までの順位ですが、順位予想の広島の所でも少し触れたように、ほとんどゲーム差がない大混戦になるような気がします。

とりあえず3位予想にした巨人ですが、本当にこのチームは普通にやれば十分1位になれるだけの戦力は揃っていると思います。

毎度お馴染みの大型FA補強をしましたしね。

しかし、主力選手の数人が怪我で離脱してしまったらしく、早くも普通でない状況になっているみたいです。

そんなグダグダの巨人の中で、私はFAで移籍した小笠原の活躍に注目していますが、実はそれ以上に新人投手の金刃にメチャクチャ注目しています。

彼は絶対に素晴らしい素材ですよ!!

巨人で潰されない事を祈ってます。(そう言えば辻内はどうしたんだろう!?)

あと、谷が巨人移籍したので、

嫁のヤワラがどのように巨人に絡んでくるのか!

ある意味注目しています。

4位予想の横浜ですが、いくらスペランカー体質であっても、多村の移籍は非常に残念です。

先発投手陣が少ないから寺原と交換したんでしょうけど、私の中で多村は横浜の顔でしたからね。

今年の横浜に関しては、巨人から移籍してきた工藤と仁志が巨人戦でどのくらい活躍するかに注目しています。

噂では二人とも巨人時代に原監督と確執があったみたいですし・・・(工藤は分からんが仁志はマジだと思う)

ちなみに私、今年から横浜を本格的に応援しようと思っています。

応援する理由?

「横浜」っていう名前の響きがいいからです。

えっ!?来年の我がライオンズの名前ですか???

「埼玉ライオンズ」or「所沢ライオンズ」

響きが悪すぎる・・・(埼玉県人は郷土愛がないんですbyはなわ)

続きまして5位予想のヤクルト。

このチームは5位予想にしてしまいましたが、Aクラスに入れる可能性は十分にあると思います。

投手陣では新人の増渕が1年目から活躍すると思いますし、打撃陣では岩村がメジャーに行ってしまったものの、ラミレスやリグスなど、岩村抜きでも十分に戦えるだけの戦力は揃ってますからね。

それに大橋未歩と結婚した城石も今シーズンは気合を入れてくると思いますよ。

個人的に古田監督にはプレイヤーに専念してもらいたいです。

今更無理だとは思いますが・・・

さてさてさて、6位予想となってしまったのは広島ですが、何度も言っているように、3位から6位まではそんなにゲーム差がないと思ってますので、広島ファンの方は怒らないでください。

広島には日本球界のエースと言ってもいい黒田がいますが、私が注目しているのは新外国人投手のナックルボーラー(選手の名前が分からん)の存在です。

あのナックルは脅威ですよ!(キャッチャーが取れずに盗塁されまくる可能性もあるが・・・)

打撃陣も前田や新井、梵など、好打者が揃っているので侮れないです。

個人的にはブラウン監督のパフォーマンス(審判へのクレーム?)がかなり楽しみです。(昨シーズンのブラウン監督のベース引っこ抜きは非常に笑えた!)


セ・リーグの事はあまり詳しくないので、最後の方はかなりやっつけ気味になってしまい、適当な事を色々と書いてしまいましたが、とにかくセ・リーグは今年からクライマックスシリーズが導入されるので、3位争いがかなり白熱すると思います。

いったいどんな展開が待ち受けているのでしょうか!?

という訳で、そろそろ飽きてきたのでこの辺で終わりにします。

以上「OH!グレートセントラル」の順位予想でした。
[PR]
by hirajun-51 | 2007-02-25 23:24 | スポーツ
プロ野球もキャンプに入り、いよいよ本格的に動き出してきました。(マスコミの話題は松坂ばかりだが・・・)

なので今回は完全に独断と偏見で、今シーズンの順位予想をしてみたいと思います。

レギュラーシーズン順位予想。

【パ・リーグ編】

1位:ソフトバンク(ピッチャーも野手も良い選手が揃いすぎ!ぶっちぎり1位の可能性高し)
2位:西武(我が西武はとりあえず2位予想。クライマックスシリーズで優勝に期待)
3位:千葉ロッテ(ズレータの獲得は大きい!優勝するには渡辺俊介の復活が鍵)
4位:北海道日本ハム(小笠原の移籍と新庄の引退は痛すぎる!)
5位:楽天(岩隈の復活、一場の成長、田中の活躍によってはAクラス入りも…?)
6位:オリックスバッファローズ(弱すぎ!オリックスファンには申し訳ないが、話になりません)

こんな感じの予想となりました。

1位予想したソフトバンクですが、正直な話、今年の戦力は凄すぎです。

斉藤、和田、新垣、杉内、ガトームソンといった超強力先発投手陣。

そして藤岡と柳瀬の中継ぎ陣から抑えの馬原につなぐ鉄壁の救援陣。

もはや隙なしですよ。

しかもこれらの日本人選手は皆、生え抜き選手ですからね。

毎年FAで選手を獲りまくって、生え抜き選手の才能を潰しまくっているセントラルの某アホ球団にも見習ってもらいたいもんです。

打者の方も、帰ってきた小久保とトレードでやってきた多村が本来の力を出せば、ズレータの穴は十分埋まると思いますし、それこそ恐ろしい打線になると思います。

ポイントはスペランカー多村が怪我をするかしないかですね。

順調にいけば、2位とは10ゲームくらい差をつけてレギュラーシーズン1位になると思います。

で、クライマックスシリーズで敗北するのがオチという事で・・・(西武ファンの私願い)

さて、2位予想は我が西武ライオンズ。

なぜファンなのに1位予想をしないのかだって???

普通に考えても松坂のいない西武が1位になるのは厳しすぎるだろう!!!

ぶっちゃけAクラス入りも危ないかもしれません。

けど、ファンである以上、一応2位予想にしておきます。

まあ、すべては新入団のジェイソン・ジョンソンと岸の活躍次第でしょう。

彼等が最低二桁勝利してくれたら、きっと2位ぐらいには入ってくれると思います。

そしてクライマックスシリーズで勝ち進んで優勝!

私の非常に勝手なシナリオです。

ちょっと長くなりそうなので、ここからは簡単にいきます。(ていうか残りの球団の細かい事はよく分からん)

3位予想の千葉ロッテは、ズレータが加入して打線がパワーアップしたので、あとは先発投手陣次第だと思います。

渡辺俊介と久保の復活。

そして期待の新人、大嶺活躍。

もちろんバレンタインマジックも侮れないです。

4位予想の北海道日本ハムは、ダルビッシュや八木、マイケルなどの投手陣はいいとしても、やはり小笠原がいなくなった打線の戦力ダウンは大きすぎます。

とりあえず田中幸雄の2000本安打だけは達成させてあげたいですね。

5位の楽天ですが、5位予想をしたものの、もしかしたらAクラス入りもあるんじゃね~かと思ってもいます。

何気に昨年は3割打者が4人(規定打席到達)もいましたからね。

ポイントは投手陣で、やはり岩隈と一場と新人の田中がどのくらい勝てるかに懸かっていると思います。

つ~か、田中君はノムさんにも負けない度胸があるので個人的に注目しています。

そして最後に今シーズンのビリ予想ですが、当然のごとく残りの1球団であるオリックスバッファローズに決定です!

ある野球雑誌でやった今シーズンの順位予想で、某オリックスOBの人が次のような事を言っていました。

「オリックスはプロ球団に該当しない」

更にこの人はオリックスを外して欽ちゃん球団を入れた方がいいみたいな事も言ってました。

いくらなんでもそこまで弱くはね~だろと思いますが、今年のパ・リーグ6球団の中では断トツに弱いと思います。(それにしても、プロ球団に該当しないだなんて、オリックスに何か恨みでもあるのでしょうか?松○さん・・・)

ただ、パ・リーグの外国人監督の皆さんは、今までなかなかの成績を残しているので、新監督であるコリンズ氏の采配次第では、もしかしたら奇跡が???

いや、多分起こらないでしょう・・・(期待の清原はひざの故障で早くもフェードアウト気味ですし・・・)

嗚呼~、オリックスブルーウェーブ時代の門田、石嶺、藤井、ブーマーのブルーサンダー打線が懐かしいです。(イチローが活躍する前の話。古すぎる!)

あの打線はマジで最強でした。(この時はファミスタのオリックス打線も凄かったな~)

というわけで、結局長くなってしまいましたが、今回の予想はあくまでも西武ライオンズファンである私の勝手な意見なので、下位予想したファンの皆さんはあまり気にしないで下さい。

以上「エキサイティングベースボール・パ!」の順位予想でした。

セ・リーグ編は気が向いたら書きます。
[PR]
by hirajun-51 | 2007-02-17 02:07 | スポーツ
【訃報】クラッシャー・バン・バン・ビガロ死去(プロレスラー)。

ビガロ亡くなっちゃたのか~・・・(涙)

初めてビガロを見た時、当時まだガキンチョだった私は、ビガロの頭に彫ってあったタトゥーを見て非常に衝撃を受けました。

まあ、今でも頭にタトゥーを彫ってある人を見たら多少は驚きますけどね。

ビガロの試合に関する思いでは、やはり北尾やハシミコフといった、大型新人選手のプロレスデビュー戦の相手を務めて、必ず負けていたというところです。(正確には負け役と務めていた)

もう20年近く前の話ですよ。

そういえば、WWF(現WWE)在籍時も元NFL出身選手のプロレスデビュー戦の相手をして負けていたと思います。

きっとビガロなら新人選手を相手にしても、良い試合を作りあげてくれるという上層部からの信頼があったんでしょう。(山本小鉄は著書の中でビガロのレスリングセンスを批判していたような気がしたが・・・)

まあ、北尾戦に関しては、北尾があまりにも塩すぎて、酷いを通りこして、腹を抱えて笑ってしまうような試合でしたけどね。(懐かしいな~)

あとは、キモとやった総合も思い出に残ってます。

確かベイダーの代わりに出たんですよ。

まだ今みたいに総合格闘技が日本に定着していない頃で、当時の私の中では「身体のでかいプロレスラーは最強!」という思いがあったので、ビガロが全然体重の軽いキモにあっけなくやられた時は、けっこうショックを受けました。

う~ん・・・テリー・ゴディーといい、ゲーリー・オブライトといい、ホーク・ウォリアーといい、そして今回のクラッシャー・バンバン・ビガロといい、私が見ていた頃の最強外国人レスラーがどんどん逝ってしまいます。

しかも皆さん非常に若いですよ。

やはりでかい身体の人はそれだけ心臓に負担がかかるのかもしれませんね。

クラッシャー・バンバン・ビガロ選手のご冥福を心よりお祈りします。
[PR]
by hirajun-51 | 2007-01-20 03:05 | スポーツ
秋山成勲戦に関する桜庭和志会見。秋山に無期限出場停止の追加処分が決定。d0040708_285694.jpg

結局、無期限出場停止処分なった秋山成勲。

無期限なので、どれくらいの期間になるのかは、もちろん分かりませんが、さすがの谷川サダハルンバも、事件が事件なだけに、今回、簡単に秋山を復帰させる事は多分ないと思います。(まあ、谷川の事だから、あっけなく復帰させる可能性もなきにしもあらずだが・・・)

そう考えると、復帰は今年の大晦日のDynamite!!あたりになりますかね?

もしそうなったらカードは、今や大晦日の風物詩となった曙さんと第0試合でやるしかないですよ!・・・笑

是非、曙さんの未だ見ぬ?パワーで秋山を制裁してもらいたいです。

逆にボコられる可能性が高いけど・・・


追伸

韓国の日刊新聞である中央日報では、今回の秋山ヌルヌル事件に関して、次のような記事を載せてました。


在日同胞の柔道出身選手である秋成勲(チュ・ソンフン、日本名・秋山成勲、32)が日本総合格闘技K-1主催社側から無期限出場停止という重い懲戒を受けたことをめぐり、「‘不敬罪’ではないか」という指摘から「在日同胞に対する差別」という意見まで、さまざまなコメントが出てきている。

99%は主催社側の決定に‘あきれた’という反応だ。各種ポータルサイトやメディア掲示板には、秋成勲に対する懲戒について数百件以上の抗議の文が載せられている。

ネチズン‘rabbitmoon’は「桜庭が何だ。 日本格闘技界で英雄視されている選手が無差別爆撃を受けたため、日本人は怒りと屈辱を同時に感じたのだ。 かつて日本柔道を捨てて韓国に渡り、日本と闘った選手であるため、目障りな奴だと思われたのだろう」と憤りを表した。

別のネチズン‘lovepplove’は「誰でも一度ぐらいは入浴後にローションを塗ったことがあるはずだ。ローションを塗るなという規定があるのか。 むしろ桜庭の話にならない異議提起よりも、試合中の些細なことでも自分のミスだと反省して謝罪する秋成勲の方が気に入った。 プライド移籍の話も出ているが、そうした方がよい」と主張した。
(中央日報記事一部抜粋)


在日だからとか、そんな事は関係なく、今回の事件は誰がやったとしても許されない事だと思うのですが・・・

相変わらずアホな奴等が多いですね。

ちなみに、私はイマイチ韓国が好きになれないのですが、キムチと石焼ビビンバは大好きです。
[PR]
by hirajun-51 | 2007-01-20 01:35 | スポーツ
秋山成勲vs.桜庭和志の裁定に関する結果報告会見・秋山は反則行為で失格、公式記録はノーコンテストに

「秋山の身体に何か塗ってあった!」という桜庭のクレームを1月3日の会見で真っ向から否定し、自分自身の潔白を主張していた秋山ですが、その後の調査で秋山の身体にはスキンクリームがべっとりと塗られていた事が発覚し、結果的にこの試合はノーコンテストという裁定になりました。

秋山本人は認識不足で、スキンクリームなら反則にはならないと思っていたみたいですが、それなら何故、3日の会見で、身体に塗られていた物を問われた時に、スキンクリームを塗っていた事を言わなかったのか、私にはまったく理解できないです。

はっきり言って、この試合はノーコンテストではなく、秋山の反則負けするべきですよ。

こんな結果じゃ、正々堂々と戦った桜庭があまりにもかわいそうです。

なんかもうメチャクチャですね。

さて、今回の事件で、秋山と同じぐらい酷かったのが、先日発売された格闘技通信の記事でした。

専門誌なのに、笑っちゃうぐらい秋山癒着記事のオンパレードでしたからね!

誤報もいいところですよ。

正直、あの記事内容は桜庭に謝罪をすれば済まされる問題ではないと思います。

次号で格闘技通信が、どのように弁解してくるのか、ある意味非常に楽しみです。

それでは最後に桜庭のセコンドに付いた阪神・下柳の素敵なコメントの一部を紹介します。

「どういうことなんだ。試合後に『多汗症で滑る』って言ってた人間が、塗ってるのがバレたら 『乾燥肌だからクリーム塗りました』なんておかしいじゃないか。故意じゃない?ありえねえよ。 もし、本当に故意でないなら、試合後に我々が抗議した時に言える話だろ。それを10日後に なって何を言ってんだ」 (東京スポーツの記事一部抜粋)

下柳、かっこよすぎるぞ!


追伸

前田日明よ、何故コメントしないんだ・・・
[PR]
by hirajun-51 | 2007-01-13 01:21 | スポーツ
PRIDE男祭り2006-FUMETSU-を見た感想です。d0040708_22393146.jpg

前回の日記の時にも書きましたが、男祭りはネット上にアップされていたものを見ました。

アップしてくれたお方にはマジで感謝します。

第1試合 PRIDEルール
田村 潔司 ○1R 1分18秒KO ●ミノワマン(美濃輪 育久改め)

→田村の膝がいいところに入り、あっけなく決着がつきました。
それにしてもミノワマンって・・・
キン肉マン好きな彼ならではの名前ですが、キン肉マンと違い、身体はもろかったようです。

第2試合 PRIDE武士道ルール
青木 真也○1R 2分04秒トライアングルチョーク ●ヨアキム・ハンセン

→青木強し!
実力者のハンセンをまったく寄せ付けませんでした。
あのフィニッシュはトライアングルチョークって技だったんですね。
まるで木村健吾(引退)の得意技だったトライアングルスコーピオンみたいな名前です(最近のプロレスファンは知らないと思うが・・・)

第3試合 PRIDE武士道ルール
郷野 聡寛○2R判定 2-1 ●近藤 有己

→何故かこの試合だけ、ネット動画が見られませんでした。
なので内容は分からんです。

第4試合 PRIDEルール
マウリシオ・ショーグン○3R判定 3-0 ●中村 和裕

→見る前に、ネット動画の時間を見たら27分間ぐらいあったので、多分判定決着になると思って、面倒なので見ませんでした。
中村の場合は判定までもつれるとグダグダの試合が多いですからね。
まあ、今回は見ていないのでどうだったのかは分かりませんが・・・

第5試合 PRIDE武士道ルール
川尻 達也 ●2R判定 0-3 ○ギルバート・メレンデス

→凄い殴り合いでした。
川尻は強いです。
けどメレンデスはもっと強かったです。

第6試合 PRIDEルール
藤田 和之○1R 2分08秒KO ●エルダリ・クルタニーゼ

→Dynamite!!でKIDが対戦した五輪のメダリストのように、クルタニーゼも五輪のレスリングでメダル(銅を二回)を獲っているらしいです。
しかし、実績は確かに最高ですが、クルタニーゼは総合初挑戦だったので、藤田にとっては、かませ選手だったと思います。
まさにDynamite!!のKIDの対戦相手と同じような感じですね。
この試合は藤田のKO勝ちが最初から予想できました。

第7試合 PRIDE武士道ルール
五味 隆典 ○1R 1分14秒KO ●石田 光洋

→五味最強!
最近一番勢いが会った石田を完封しました。
やはり五味にはKO勝ちが似合います。

第8試合 PRIDEルール
吉田 秀彦 ●1R 7分50秒TKO ○ジェームス・トンプソン

→久々にヘビー級の試合で大番狂わせを見ました。
吉田は絶対にトンプソンをなめていたと思います。
つ~か、何気に私はトンプソンを応援してました。

第9試合 PRIDEルール
ジョシュ・バーネット●3R判定 0-3 ○アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

→試合のレベル高すぎ!
あっという間の3Rでした。
面白かったです。

第10試合 ヘビー級タイトルマッチ PRIDEルール
[王者]エメリヤーエンコ・ヒョードル○1R 8分16秒羽根折り固め●[挑戦者]マーク・ハント

→途中はかなりハントがエメリヤエンコを追い込んでいたんですが、やはりエメリヤエンコは強かったです。
今のところ間違いなくエメリヤエンコが世界最強の格闘家だと思います。


<戦評>

本大会の私的満足度:70%(試合のレベルは高いが地上波がないのはやはりキツイです)

本大会の私的MVP:青木(関節マジックが最高でした)

本大会の私的ベストバウト:ジョシュ対ノゲイラ(世界最高峰の闘い、ここにありです)

本大会の私的優秀選手:五味(とにかく強い!)

本大会の塩:ミノワマン(田村とならもっと名勝負になると思ったんですけどね。まさかあっけなくやられるとは思いませんでした。つ~か、ミノワマンって名前はぶっちゃけどうなんでしょう???)


追伸

ミルコのUFC移籍が決定しました。

そういえばエメリヤエンコもプライド離脱が噂されています。

地上波放送復活も、まだまだどうなるか分かりません。

プライド(DSE)、大ピンチです。
[PR]
by hirajun-51 | 2007-01-03 22:32 | スポーツ
大晦日の格闘技。d0040708_22265085.jpg

Dynamite!!は地上波の放送(TBS)で見ましたが、地上波放送がないプライド男祭りは、ネット上に落ちていた動画で見ることが出来ました。

それではさっそくDynamite!!から感想を書いてみようと思います。(今年も辛口でいきまっせ!)

第0試合 HERO’Sルール 5分3R
金子 賢 ●判定3-0 ○アンディ・オロゴン
→まさに素人同士の試合でした。
 金子はアマチュアの大会から出直すべきです。
 
第1試合 HERO’Sルール 5分3R 70kg契約
永田 克彦1R 4分12秒TKO 勝村 周一朗
→ヒーローズに勝村という新しいスターが誕生すると思っていたんですが・・・
 まさか永田弟にKOされるとは思いませんでした。

第2試合 HERO’Sルール 1R10分・2R5分・延長5分 85kg契約
石澤 常光●1R 2分48秒KO ○金 泰泳
→10年前のスターである金のハイキックにKO負けしたケンドー・カシンこと石澤。
 プロレスラーの激弱ぶりをおもいっきり見せ付けてくれました。
 まあ、私は昔から金のファンなんで、この結果は嬉しかったです。

第3試合 HERO’Sルール 5分3R 70kg契約
所 英男 ○判定3-0 ●ホイラー・グレイシー
→良い試合でした。
 所はスランプから脱出したような気がします。
 今年の所には期待出来そうです。

第4試合 HERO’Sルール 5分3R
曙 ●1R 1分02秒アームロック  ジャイアント・シルバ
→個人的に一番注目していたカード。
 試合開始直後のちょっとした殴り合いは面白かったのですが・・・
 いくらなんでも曙さんは簡単に腕を取られすぎです。
 あまりにもあっけなく終わったので、おもわず笑ってしましました。
 これでシルバは戦闘竜と曙さんという二人の元相撲取りから総合格闘技で勝利した事になります。
是非次はチャンコ玉海力あたりとやってもらいたいです。

第5試合 K-1ルール 3分5R
バダ・ハリ ○2R 1分28分TKO ●ニコラス・ペタス
→ブランクのあるペタスの公開処刑になるかと思っていましたが、ペタスの頑張りに感動しました。

第6試合 K-1ルール 3分5R
武 蔵○3R 33秒KO ●ランディ・キム
→今まで何十試合も武蔵の試合を見てきましたが、初めて武蔵がパンチで文句なしのKO勝ちをした所を見たような気がします。
まあ、相手のキムは格闘技デビュー戦だったんで、武蔵は勝ってあたりまえなんですけどね。
しかしながらキムは途中、武蔵を追い込む場面があったので、これから格闘技のキャリアを積めばかなり強くなりそうな選手だと思います。

第7試合 K-1ルール 3分5R
セーム・シュルト○判定 3-0 ● ピーター・グラハム
→シュルトは強いけど、試合はつまらなすぎる!
グラハムは回転蹴りがかっこよかったです。
ヒットはしませんでしたが・・・

第8試合 HERO’Sルール 5分3R 70kg契約
須藤 元気○1R 3分05秒三角絞め ●ジャクソン・ページ
→須藤引退ですね。
ちなみに引退を決意した理由は次のような事があったからだそうです。

僕は天に質問したんです。公衆トイレの小便器の前に「一歩前に」との一文が目に飛び込んできた。あ、これは天の声だなと。それで違うステージで戦っていこうと決めたんです。天の声はどこにでも存在する。すべて必然です。

トイレですか・・・

精神論者の言っている事はよく分からないです。

須藤はこれから旅に出て、世界各国を回るみたいですが、私の予想では、一年後ぐらいに、
「旅をして行き着いた先がリングだった」
とか言って、普通にリング復帰してそうな気がします。

第9試合 HERO’Sルール 5分3R 70kg契約
山本“KID”徳郁 ○1R 3分46秒KO ●イストバン・マヨロシュ
→谷川サダハルンバは、マヨロシュのような最高のバックボーン(レスリングの金メダリスト)を持った噛ませ選手をよく探してきますよね。
それにしてもKIDのカリスマぶりには驚きです。

第10試合 HERO’Sルール 5分3R
チェ・ホンマン ○1R 16秒KO ●ボビー・オロゴン
→ホンマンの秒殺勝利でした。
ボビーは格闘家としての潜在能力が高いのは間違いないので、また頑張ってもらいたいです。

第11試合 K-1ルール 3分5R 73kg契約
魔裟斗○2R 2分22秒KO ●鈴木 悟
→1ラウンドで鈴木の良いパンチが入った時は「もしかして!」と期待したんですが、やはりローキックでやられてしまいました。
魔裟斗は確かに強いです。
嫌いだけど。

メーンイベント HERO’Sルール 1R10分・2R5分・延長1R5分 85kg契約
秋山 成勲○1R 5分37秒KO ●桜庭 和志
→この試合は、秋山の勢いが桜庭を寄せ付けなかったという印象が試合直後にはあったのですが、もし桜庭が主張しているとおり、秋山の身体にワセリンがたくさん塗られていたのなら、それはけっして許されない事だと思います。

それとレフェリー!
試合を止めるのが遅すぎですよ。
前回の桜庭の試合の時の教訓がまったく生かされてないです。
一歩間違えたら、大事故になったと思いますよ。
何の為のレフェリーなのかまったく意味が分からないです。
ちょっと後味が悪すぎる試合でした。


<戦評>

本大会の私的満足度:60%

本大会の私的MVP:金泰泳(見事なハイキックでのKO勝ちでした)

本大会の私的優秀選手;所英男(所の試合は見ていて飽きないです)

本大会の私的激塩:桜庭戦のレフェリー(桜庭を殺すきか!)

本大会の私的塩:石澤常光(弱すぎる・・・)

本大会の私的お笑い担当:曙さん(大晦日の風物詩である曙さん。諦めずにまた笑わせて下さい)

本大会の私的ふざけるな!:TBSの編集(私も感じていましたが、テレビ中継開始後、なかなかこの日の試合映像が流れず、視聴者からTBSにクレームが殺到したそうです。過去にも同じような問題が起こっているのに、まったく学習能力がないテレビ局です)


疲れたので、プライド男祭りについてはあとで書きたいと思います。
[PR]
by hirajun-51 | 2007-01-02 16:34 | スポーツ
<ボクシング>亀田興毅、初防衛成功 ランダエタに判定勝ち Excite エキサイト : スポーツニュース

亀田興毅勝ちましたね。

私は判定の場面しか見ていないので、試合内容がどんなだったのかは分からないのですが、ポイントの差だけを見ると、亀田の圧勝だったように思われます。

ただ、やはり彼の言動は褒められたものではないですね。

先日の会見でも亀田の変なヘアースタイルに関してマスコミがウド鈴木の名前を出したら、ブチギレ寸前になってましたけど、そんな事でキレるのなら、

「お前自身も対戦相手に暴言を吐くのは止めろ」

って言いたいです。

つ~か、ウド鈴木に失礼ですよ!

ボクサーとしての潜在能力は素晴らしいものをもっているのですから、言動の部分に関しては本当にもったいないです。

気をつければ直せる事ですからね。

まあ、親父があんなじゃ、子供があのようになっちゃうのは無理ないかもしれませんが・・・

とりあえず、興毅には自分がどれだけ恥ずかしい言動をしているのか、早く気が付いてもらいたいです。

実際はとても真面目な子という噂を聞くので、暴言を吐く亀田スタイルの拘りは捨てて、早く誰からも認められる偉大なボクサーになってもらいたいです。
[PR]
by hirajun-51 | 2006-12-21 00:07 | スポーツ
<松坂大輔>Rソックス入団決定 6年契約、背番号は18 Excite エキサイト : スポーツニュース

メジャーリーガー松坂がとうとう誕生しました。

契約交渉が難航し、一時は西武に残留か?なんて騒がれていたので、一体どうなっちゃうんだろうと思っていたんですが、無事に契約出来て本当に良かったと思います。

日本では15日の朝7時から衛星生中継で松坂の入団会見を各テレビ局が放送していました。

もちろん毎度おなじみのテレビ東京を除いてです。

ちなみに各局が会見を放送し始めた時、テレビ東京では南海キャンディーズの山ちゃんとしずちゃんが、

「オッハ~!」

をしてました。

さすが、素晴らしい放送姿勢ですね。(おはスタって生放送じゃないのかな?)

是非これからもこの路線を続けてもらいたいです。

さて、6年契約で年俸は約60億8000万円という新人としては破格の契約となった松坂ですが、こうなった以上はやはり勝ち星は15勝以上で防御率は2点台を期待したいです。

いや、きっとやってくれるでしょう!

私も一度くらいボストンに行き、メジャーリーガー松坂が投げている姿を生で見てみたいです。

まあ、なかなかチャンスは無いとは思いますが・・・


追伸

ボストンに行ったら、ついでにロケット乳・柴田も生で見てみたいです。
[PR]
by hirajun-51 | 2006-12-16 01:21 | スポーツ