寒すぎて体が動きません。


by hirajun-51
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

PRIDE無差別級グランプリ2006開幕戦の感想!

◆PRIDE無差別級グランプリ2006開幕戦

◇大阪ドーム◇2006年5月5日◇17:00 ◇観衆4万7423人
d0040708_21491754.jpg
前回書いたHERO’S 5・3代々木大会と同じようにテレビ観戦した率直な感想です。

無差別級トーナメントの一回戦が今大会では行なわれましたが、とにかく私はハントと対戦した高坂に感動しました。

ハントのハードパンチを食らっても折れない心。

そしてボロボロになりながらもハントに向かっていく精神。

男の生き様を見せつけてくれましたよ!

これで引退してしまうのは本当に惜しいです。

さて、そんな高坂とは対象的に、会場を一気に寒くさせたのが吉田秀彦でした。

西島を相手にあっという間の秒殺勝利でしたが、正直吉田に関しては、

もっと空気読め

と言いたいです。

そりゃあ、ガチンコ勝負だから極めれる時に一気に極めたい気持ちは分かります。

ただ、今回はメインだし、相手はプライド初心者の西島なんだから、試合の序盤ぐらいは相手のスタイル(打撃)に付き合ってもよかったんじゃないかと思います。

試合が終了した時の会場の静けさがこの試合の全てを物語っていましたよ。

まあ、寝かされたら何も出来なかった西島にも問題はあるんですけどね。

その他の試合ではジョシュ対エメリヤ・エンコ弟の試合が面白かったです。

ジョシュはタプタプしていた腹回りを今回は見事に絞ってきて、それによりスタミナもアップし、試合も見事に勝利しました。

曙さんには是非ジョシュを見習ってもらいたいです。

あと、藤田対トンプソン戦も面白かったですが、藤田が大苦戦していたのには驚きました。

最後は藤田の野獣パンチでトンプソンを沈めましたが、トンプソンレベルに大苦戦しているようでは、トップ勢と当たるこれから先はかなり厳しい戦いになってくると思います。

1回戦のその他の試合はノゲイラとミルコとファブリシオが勝ち、2回戦からはいよいよシードのエメリヤ・エンコ兄が登場してきます。

私的には

エメリヤ・エンコ兄対ジョシュ(弟の敵討ち)

藤田対ハント(ハードパンチャー対決)

吉田対ファブリシオ(吉田マンセーのDSEが吉田を勝たせる為に、このメンバーの中では実力が一枚劣るファブを吉田に当てるような予感)

ノゲイラ対ミルコ(ミルコのリベンジマッチ)

のカードを予想します。

それか確実に準決勝に日本人を残す為に、もしかしたら吉田対藤田を組んじゃうかもしれないですね。

という訳で、戦評をしたいと思います。

本大会の満足度:70%(こんなもんでしょう。判定決着がなかったのは良かったです)

本大会のMVP:高坂(格闘技を見て久々に感動しました)

本大会の塩:吉田(試合がつまんない)

本大会の「笑」:高田の藤田癒着解説(大苦戦の藤田を必死に応援)

本大会の美濃輪育久:(あっけなく負けすぎ。煽り映像の方が試合時間より長かった)


追伸

榊原(DSE社長)がHERO’Sに移籍した桜庭に対して「裏切られた気分」と発していましたが、この発言って榊原の器の小ささがもろに出まくってますよね。

ピークの過ぎた桜庭が最後の勝負に出るんですし、はっきり言って、今のプライドがあるのは桜庭のおかげなんだから、たとえ本心でなくてもエールを送ってやるべきですよ。

しかも桜庭はプライドには感謝していると言っているんですからね。

もともと榊原の事は嫌いでしたが、本当にこの男はDQNだと思います。
[PR]
by hirajun-51 | 2006-05-07 01:41 | スポーツ