寒すぎて体が動きません。


by hirajun-51
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

HERO’S 2006!桜庭登場!

◆HERO’S 2006

◇東京・国立代々木第1体育館◇2006年5月3日◇15:00 ◇観衆1万1780人

d0040708_2111043.jpgテレビ観戦した率直な感想です。

テレビでは秋山成勲 VS 永田克彦のスーパーファイトからスタートしました。

結果は柔道家の秋山が後ろ回し蹴りでKO勝ちというインパクトのあるフィニッシュでしたが、それよりインパクト大だったのが、試合終了後にリングに上がったみのもんたでした。

どうやら秋山と親交があるらしく、秋山の勝利に大喜びでしたが、はっきり言って、

もんたの満面の笑みは映像的に反則です!

しかも相変わらず酔っ払っている感じだし…
 
さて、今大会注目のミドル級トーナメントですが、私が応援していた所英男と門馬秀貴が揃ってKO負けしてしまいました。

所はたまにポカをやらかすんですよね~。

ただ、相手のブラックマンバは予想以上に強かったです。

門馬に関しては、3週間で14キロ減量した事で、試合前から身体に覇気が感じられませんでしたし、パワーもかなり落ちている感じがしました。

しかし、試合後、門馬は今回の敗因を減量のせいにはしませんでした。

男ですね。

実際はかなり強い選手なので、今度は本来の階級で試合をしてもらいたいです。

門馬は所のようなスターになれる素質を絶対持っていると思いますよ。

他にミドル級トーナメントは何試合かありましたが、やはり一番の注目はメインの山本"KID"徳郁対宮田和幸。

最近、宮田は力をつけてきているので、下馬評では

「宮田が勝つんじゃねーか?」

なんて噂されていましたが、いざ蓋を開けてみたら、

KID、4秒でKO勝ち…

「宮田~、いくらなんでも4秒はマズイだろ!」

と思わずツッコミたくなりましたよ!

その前に唖然としてしまいましたけどね。

まあ、昨年の大晦日のK-1ダイナマイトで起こった中尾さんの事件(知らない人は左の中尾さんの事件をクリック!)と比べたら、今回の宮田は、まだマシだと思いますが、さすがに4秒KO負けは、今後塗り替えられる可能性はかなり低い、最短試合記録だと思います。

エ~、そして忘れてはいけないのが、我等が曙さんの試合。

今回の相手は大ベテランのドン・フライ。

曙は良いジャブを出していましたが、ドン・フライをロープ際に追い込んでからの攻撃が上手く出来ず、次第にスタミナも無くなり、結局フライに締められて終了…

曙はもういい加減プロレスに専念して下さい。

そしてそしてそして、今大会のビックビックビックサプライズは、なんといっても桜庭の登場です。

とうとうプライドの黒い経営に嫌気がさしたんでしょうかね?

それとも高田総統とトラブったんでしょうかね?

この出来事は長年、格闘技やプロレスを見てきた中で一番の衝撃でした。

つーか絶対今度はプライドがヒーローズの選手を引き抜きそうですけどね。

須藤元気あたりを持っていかれそうな予感がしますよ。

さて、それでは久々に戦評をしたいと思います。

本大会の満足度:85%(判定決着が少なくて面白かった)

本大会のMVP:ドン・フライ(おっさんの復活劇!感動です)

本大会の塩:TBSの編集(こいつら学習能力なし!以前もそうだったが、同じ試合を2回も流すのなら、カットした試合を放送しろ!)

本大会の礼儀正しい人:宇野薫(試合中、セコンドの支持に対して「ハイ!」としっかり返事をしていました。非常に好青年ですね)

本大会のタトゥー:J.Z.カルバンの腕にあった「家族愛」と彫られたタトゥー。とても良い言葉ですが、タトゥーだと何故か笑ってしまいました。

本大会の曙さん:身体の肉(脂肪?)がボヨンボヨン揺れすぎです!
[PR]
by hirajun-51 | 2006-05-04 17:05 | スポーツ