寒すぎて体が動きません。


by hirajun-51
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

立ち技最強!セーム・シュルト(この強さは半端じゃない)

d0040708_1042421.jpg今日行なわれたK-1 WORLD GP 2005 の決勝戦!

セーム・シュルト強し!余裕の優勝です。

以前のシュルトに対する私のイメージは下記の通りです。

●チャンピオンになりながらも存在自体は地味だったパンクラス時代。
●ハリトーノフに顔面をボコボコに殴られて、放送コードに引っかかりまくりの血みどろの顔面をペイパービューでお茶の間にさらけ出してしまったプライド時代。

このように、あまり良いイメージがなかったので、シュルトがK-1という立ち技の舞台で能力を発揮した事には大変驚きです。

確かに以前からシュルトはK-1向きという噂を聞いていましたが、まさかあそこまで強いとは正直思いませんでした。セフォー、ボンヤスキー、グラウべという上位陣と戦って、そのうち2試合が最近のK-1では珍しいKO勝ちなんですから、彼は本物です。

d0040708_10703.jpgあの強さじゃ当分シュルトの天下が続くと思います。それぐらい他の選手との力の差がありました。

これでもし次の大会でシュルト対曙戦が組まれたら、マジで谷川氏はキラーだと思います。まあ谷川サダハルンバならやりかねませんが…

さて、今回の大会の総括をすると、武蔵の動き以外はどの試合も私的には面白かったです。(あくまでもフジテレビで放送した試合に関して)
トーナメントの準準決勝は判定決着ばかりでしたが、内容は悪くなかったですし(もちろん武蔵の動き以外)、準決勝と決勝の壮絶なKO決着は久々にK-1の試合を見て興奮しました。(武蔵が完膚なきまでに倒されたのは久々に見た。少し頭を冷やして出直して来い!)

というわけで、戦評をしたいと思います。

「K-1 WORLD GP 2005 in TOKYO ~決勝戦~」

本大会の満足度:(80%)

本日のMVP:セーム・シュルト(文句なしの受賞です。あの鋭角的に入る膝はヤバすぎです)

本日のベストバウト:ピーター・アーツ対ジェロム・レ・バンナ(まだまだ健在ぶりを見せてくれた二人。素晴らしい戦いでした。つーかアバラを数本折ったまま戦っていたアーツには大沢親分ばりのあっぱれを差し上げましょう)

本日の塩:武蔵(武蔵はやっぱりしょっぱかった。相変わらず金玉蹴られたアピールばかりだし…あと、しょっぱいという訳ではないですが、ホンマンとボンヤスキーに一言!負けて悔しいのは分かるけど、試合後はちゃんと勝者を称えろ!)

本日の「こいつはいいぞ!」:ルスラン・カラエフ(カラエフの動きは、故・アンディー・フグを見ているようでした。来年が楽しみです)

本日の曙さん:(全日本プロレスの代々木第2体育館の大会に出場!なんとジャイアd0040708_1074549.jpgント・バーナードを相手にシングルマッチで勝利。しかもセミファイナルのグレート・ムタ対グレート・ルタの試合にはグレート・ボノとして顔面にペイントをして乱入。ルタに対して毒霧を吹くなどしてムタの勝利に貢献。曙さんよ。いったいあんたは何処へ行く…)
[PR]
by hirajun-51 | 2005-11-20 02:41 | スポーツ