寒すぎて体が動きません。


by hirajun-51
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポーツ祭り(K-1編)

スポーツ祭り、最後を飾るのは先日行なわれたにK-1 WORLD MAX2005~世界王者対抗戦!ついて

注目は第4代世界王者のアンディー・サワー対武田幸三戦。

私的に、武田幸三の本当の強さを知っているだけに、K-1で苦しんでいる彼を見ると非常に心が苦しいです。

なんとかサワーに勝って、浮上するきっかけを作ってもらいたかったのですが・・・

結果は武田の2ラウンドKO負け。

1ラウンドに武田は必殺のローキックでサワーの足を破壊寸前まで追い込んでいたので、余計に今回の敗北は悔やまれます。

しかしどんなに劣勢に立たされても、打ち合うことを忘れない武田のファイティングスピリッツには感動しました。

最近非常に多く見かけるクリンチを連発するような選手や、自分がヤバイ展開になると金玉を蹴り上げるキンタマサトなどにはマジで武田の戦う姿勢を見習ってほしいです。

その他の試合で印象に残ったのは、佐藤嘉洋対ガオグライ・ゲーンノラシン戦。

ガオグライは先日のヘビー級グランプリに参戦した後、今回この試合に出る為に3週間で7キロの減量をした為、体調があまり良くなく、いつものようなキレもなかった為、結果的に佐藤が判定で勝利しましたが、佐藤自身のテクニックも実際に素晴らしかったです。

と言っても佐藤のスタイルは武蔵ばりに地味すぎる為、あまりファンのウケは良くないみたいですが・・・(この地味さ加減をプロレスラーで例えると木戸修!地味だけどテクニシャン。たぶん多くの人が意味不明だと思うが・・・)

これからしばらくガオグライには、この階級に専念してもらいたいです。そして次は万全の状態で戦ってほしいです。

そして最後にこの日行なわれた総合の試合の中から、戦うフリーター・所英男対ガブリエル・リムレイ戦。

結果はあっけなく所が三角締めで勝利を収めたのですが、所のどんな体勢からでも極めれる関節マジックはまさに芸術です。

さすがは和製ヴォルグ・ハン。ハラショー!

さて、今年の大晦日にK-1はどのようなカードを組んでくるのでしょうか?

山本キッド対須藤元気は決定していますが、その他のカードがとても気になります。

なんと言っても我等が曙の参戦が決定していますし(総合再挑戦)、ヒクソンの参加も噂されています。

サタハルンバ谷川氏の事だから、去年のボビー・オロゴンのような隠し玉を用意してそうな気もします。

まあ今年は無理だと思いますが、数年後の大晦日に番長清原やチャンコ若乃花が参戦する事を期待したいです。

自称格闘技評論家20年の私から見ても、清原&若乃花の潜在能力は凄まじいものがあると思いますので。
[PR]
by hirajun-51 | 2005-10-16 23:15 | スポーツ