寒すぎて体が動きません。


by hirajun-51
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

K-1 WORLD GP 2005 IN OSAKA 開幕戦

d0040708_2465147.jpgK-1 WORLD GP 2005 IN OSAKA 開幕戦 をテレビで見たが、相変わらず判定決着が連発していた。

K-1が旗揚げした当時から見ている私としては、KO決着がたくさん出ていた昔と比べてしまうと、どうしても最近のK-1はしょぼく感じてしまう。

確かに昔より各選手の防御テクニックが向上しているので、なかなかKO勝利するのは難しくなってきていると思うが、それでも見ている我々は、やはりKOによるスカッとした決着を期待してしまうのだ。

今大会で結果的にKOで勝利し存在感を示したのはベテランK-1ファイターのバンナとアーツだけ。その他で判定勝ちだけど存在感を示した選手はシュルトとセフォーとカラエフだと思う。

それにしても武蔵君、何発もハイキックが相手の顔面にヒットしているのにも関わらず、KO勝ち出来ないなんて・・・判定王は今大会も健在です。

サップ対ホンマンは打ちあっている時は迫力があり、面白かったが、なぜかあの二人、試合途中にお互い睨み合いながらまったく動かない状態が何度もあり、あれは絶対にお互いスタミナが切れて休んでいたに違いないと思う。

総合的に今大会はちょっと微妙でした。石井元館長が後ろから指示を出しているとはいえ、どうもサダハルンバにプロデューサーが代わってからK-1は劣化しているように感じる。

それでは、いつもどおり今大会の戦評をやっておきます。

K-1 WORLD GP 2005 IN OSAKA 開幕戦

本大会の満足度:(50%)

本日のMVP:ピーター・アーツ (足を怪我しているのにKO勝ちした心の強さ!凄すぎる!)

本日の新人賞:ルスラン・カラエフ (ロシア強すぎ!ハラショー!)

本日のファンタジーショー:ガオグライ・ゲーンノラシン (MAXで魔裟斗を潰してくれ!)

本日の一杯食わせ者:もちろんグラウベ・フェイトーザ (こいつに期待した私が愚かだった)

本日の塩:フジテレビの編集 (セフォー対ガオグライ戦をダイジェストで流すという放送センスの無さ・・・勘弁して下さい)
[PR]
by hirajun-51 | 2005-09-25 02:34 | スポーツ