寒すぎて体が動きません。


by hirajun-51
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

マケボノ返上ストーリー?

d0040708_22514276.jpg我等が曙太郎がブレイク寸前になっている。曙と言えばKー1デビューとなった大晦日のボブ・サップ戦でボコボコにやられてしまったのをきっかけに、戦えば戦うほど相撲最強伝説がデマだった事を証明するような戦いっぷりを見せ、やっとの事で長期休暇明けの角田信明から初勝利を挙げるも、韓国の英雄でリアルジャイアント馬場の異名を取るチェ・ホンマン(顔はジャンボ鶴田似)との対戦でボブ・サップ戦以上にボコられて、格闘家としての限界を見せてしまう。しかし、そんな彼に汚名返上の舞台として用意されたのがプロレスだった。

もともと曙は今年の春に、世界最大のプロレス団体であるWWEに登場していた。と言っても曙の試合はプロレスではなく、WWEの身長213cmある巨漢レスラー、ビック・ショーと相撲を取らされ、打ち合わせどおり?に見事勝利。これをきっかけに本格的にプロレス参戦が噂されていた。(ちなみにこの相撲マッチはアメリカで行なわれ、現地の女性ファンはほぼ尻出しまくりのまわし姿を見て、かなり引いていたらしい・・・)

米国での相撲マッチの数ヵ月後、WWEが日本遠征してきて、曙はそこで本格的にプロレスデビューする事になる。それがなかなか高評価で、その気なった曙はWRESTLE-1グランプリというプロレスのトーナメントにエントリーして、天才武藤敬司の悪の化身、ザ・グレート・ムタと対戦するが、ウケを狙ったと言われてもおかしくない、ヘンテコなコスチュームで客に笑われ、(彼はカメハメハ大王をイメージしたらしいが・・・)更に試合中の曙の動きを見て、またまた客が失笑しまくり、もはや曙はこれまでと思わせたのであるが、何故かこの試合で武藤敬司は曙のプロレスラーとしての素質を感じ取り、自らが社長を務める全日本プロレスに参加を呼びかけるのである。

全日本プロレスにはプロレスを教えるのが上手な選手がたくさんいる。K-1ではプロデューサーのサダハルンバ谷川氏が「もっと痩せてください」とか「もっと練習して下さい」と言ってもまったく聞く耳持たずだったのに、さすがに本人もヤバイと思ったのか真剣にプロレスの練習に取り組んで、いざ後楽園ホールで試合をしたら、見違えるほどのびのびと試合をして、一気にヒーローになってしまった。しかも地方に巡業に行けば、やはり元横綱、曙太郎の知名度は高く、ファンがたくさん寄って来るので曙も非常に気分がいいらしい。

そういう訳で、現在下降気味のプロレス人気を復活させるキーワードはどうやら曙にあるみたいです。まあ私としては頑張ってもらいたい反面、笑わせてもらいたい気持ちもあるんですがね。
(上の画像はカメハメハ大王コスチュームの曙さんです)
[PR]
by hirajun-51 | 2005-08-25 22:36 | スポーツ